ちょっと早いけど2010年を振り返る!

最近ほとんど記事が書けていませんが、ほんの少し振り返ってみようと思います。

今年嬉しかったことは、やっぱり植村花菜ちゃんが売れたことでしょう。
FM802から始まって、フジテレビなど民放、そしてNHKと、着々とTVやラジオで
フルに歌わせて貰い、いよいよ年末は紅白です。
昔から応援しているアーティストが紅白出演決定は、初めてのこと。
ワクワクします。一発屋的に扱われるのはもう仕方のないこと。
紅白後どれだけ本物のファンが増やせるか。彼女のがんばりに期待です。
大丈夫。きっと彼女なら地道にライブ活動してくれると思います。
引き続き応援しますよ!

ブレイクと言えば、サカナクションも大いに飛躍した1年でした。
武道館ライブはもちろん参加してきましたよ。
映像も綺麗だったし、踊りまくりで楽しんできました。
サカナはオリジナリティのあるバンドだし、演奏技術が非常に高いので
きっと来年以降も確実にファンを増やすことでしょう。
見守りますよ、引き続き!

さて、ライブと言えば我が家の一大イベントはMINAMI WHEEL。
今年も夫婦揃って参加してきました。
私は1日しか参加できませんでしたが、しっかり満喫してきました。
印象に残ったアーティストは、井上ヤスオバーガーと奥村兄弟の2組。
また来年も元気に過ごしてミナホに参加できるといいなぁ。

さて、最後にスムルースのお話。
新曲『Beautiful Girl』に、大きな大きなタイアップがつきました。
K-Paletteのアイライナー(リアルラスティングアイライナー24hWP)
1 DAY TATTOOを買うと無料でCDがついてきます。というか、CDとして
CDショップには売っておらず、アイライナー買わないと手に入りません。

家の近所のドラッグストアでも普通に買うことができたので正直驚きました。
これで来年発売のアルバムがどーんと売れてくれたら嬉しいなぁ。
ツアーも成功しますように!渋谷は代官山UNITです。大阪はBIGCAT。
どちらもソールドアウトしちゃうかも!とワクワクしています。

ちなみにPVには、この商品のキャンペーンガール武智志穂さんと、
麒麟の田村君が出演しています。田村君はタクシードライバーがよくお似合い。
ストーリー仕立てでかなり良いPVですよ。
こちらもドラッグストアなどで流れるようなので要チェックです。
特設サイトはこちら!
http://inumani.chu.jp/cheer/cp2010.html


という訳で、今年も音楽三昧な1年でした。
更新頻度は低いですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スムルース LIVE TOUR 2009『WALK』@横浜BAYSIS 11/8

今回はアルバムを買うのも遅れてしまったし、チケットも直前に買ったのですが、やっぱり行ってきて良かった!

スムルースのライブは、お笑いライブ並みに笑えるし、あったかいし、泣けるし、踊れる。なんでもアリのエンターテイメントです。

徳田くんがとっても上手に年をとってるので、こういうライブが可能なんだと思います。
自分で「精神的ボンボン」って言ってましたが、あんな風に育ててくれたご両親やお姉さま達に感謝の気持ちでいっぱいになりました。(ちなみに、お金持ちという意味のボンボンではなく、愛情たっぷりに育ててくれたって意味だそうです)

「プロのミュージシャンです!」ってしょっぱなに言ってたの笑いましたね。最近はそう言わないと誤解されるらしい(笑)確かに「お笑いにしか見えなかった!」って感想をネットで読んだことあります。

横浜ということで、先日の横浜スタジアムでの始球式の話をしてくれました。ふわふわっとしたボールになってしまったらしくて、そのふわーっとしたボールの動きをでたらめなフランス語で表現してました。器用だなー。で、自らその投球を「パリの休日」と名付けてました。香川から駆け付けたお父様が結局ビデオの操作に手間取ってるうちに、息子の投球を見逃してしまった話でオチもついて、トークも上手過ぎです。お笑いでも食べて行けるんじゃないの、徳田くん(笑)


さて、ライブ自体の感想ですが、セットリストが半端なく良かった!これはスタッフさんが事前にブログでそう言ってたので期待してたんですが、その期待を大きく超えるラインナップ。行って良かったー。家族とか、友達とか、大事にしたいな、という思いが募る曲がうまいこと並べてありましたね。うん、本当に良かった。久しぶりに聴けてうれしかった曲もたくさんありましたし!


ところで今回のライブで、フェイクMCっていう遊びがあるんですが、今回はなんと徳田くんのお母様にちょっとしたドッキリを仕掛けました。ステージ上から徳田くんが、小泉くんの使ってお母様に電話します。

「あ、オレオレ」

から始まったもんだから、お母様「オレオレ詐欺」かと怪しまれてました。(「オレオレ、憲治」って言ったとき、普段の徳田くんが垣間見れてファンとしては面白かったです。)

で、このやり取りが会場にスピーカー通して流れているわけですが、お客さんはその間、静かに息をひそめているように頼まれてまして、もう笑うのをこらえるのに必死でした。お母さん、面白いんですものー。で、徳田くんはその様子をずっとビデオに撮ってるんです。後で自分で編集してアップするんだそうで。

で、途中でようやくネタばれして、会場から電話してるとバラすと、お母様とっても恥ずかしそうに笑われてました。みんなに聞かれてると知らずに息子と会話してたわけですからねー。お父様からなんと呼ばれているか、とか答えてたわけですし。徳田くんは今、お母様がお父様になんと呼ばれてるかが思い出せず、質問してみたのでしたが、お母様は「え、昔?○○(旧姓)さん...」と照れながら答えてらっしゃいました。独身時代、名字で呼ばれてたんですね。なんか初々しくてすてき~。でもそれをファンのみんなに聞かれたと思ったら恥ずかしいですよね(笑)かわいそー。

そして、ネタばれした後は、お母様とお客さんとでコール&レスポンス(笑)

お母様 「ロッケンロール!」
お客さん「イエーイ!!」
とか

お母様 「またスムルースのライブに来てくれるかな?」
お客さん 「いいともーー!」
とか。

もちろん徳田くんが言わせてるんですけど、動画になるときはその指示はカットするので、お母様が自らコール&レスポンスしてる感じになるわけです。面白すぎー。こういう遊び心満載なのでモモダチクラブはやめられません!
(実は私、最近アクセス頻度が下がってたんですが、この企画の存在をお友達に教えてもらって、再びヘビーにアクセスしています。教えてくれてありがとー!)

で、最後に徳田くんが「スムルース、売れるかな?」と質問したら、
「売れるともーーー!」とお母様!

なんて可愛いんでしょー!もうこんなお母様だから、あんなにあったかい徳田くんが育ったわけですね。もうライブ会場があったかーい空気に包まれて、とっても幸せな気持ちになりました。

そうでなくても今回は「ともだちファミリーレストラン」とか「ポカポカ」とかあったかーい曲が多かったので、もう幸せ気分いっぱいでした。

さて、今回私はひとりで参加してきたんですが、前から6列目くらいに位置取りしまして、若い子に混ざってジャンプしまくってきました。恥ずかしさとか、もう捨てました(笑)
楽しんだもん勝ちですよ、ライブは。「よくあるラブソング」とか「祝福の紙吹雪」とか、もう思い切りストレス発散してきました!「バカバカしくなれたら」の振り付けも楽しかったですねー。ちゃんと練習させてくれるので、初めてでも大丈夫。ああ楽しかった。

2時間半ほどのライブだったでしょうか。大満足です。

渋谷のO-EASTでのワンマンは平日ですが、なんとか都合をつけて参加したいと思います。

徳田くんは、超能力の持ち主で(笑)、お客さんの吐き出したストレスを受け止めて、おにぎりみたいに丸めて、素敵なものにしてお返ししてくれるんだそうです。でも、ほんとにそういうライブですよ。幸せになれます。おすすめ!みなさんも、ぜひ!

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

shimokita round up

久々の遠征にかなりリフレッシュした私の頭の中はスムルースのことでいっぱいです。しかも今日のスペースシャワーモバイルにもスムルースの名前を発見して相当テンションあがりました。

なんでも今年はQuip magazineが主催する音楽祭が下北沢で行われるらしく、その第一弾アーティストに彼らの名前があったのです。

イベント名は『shimokita round up 』というそうです。パスを首からさげて下北沢を走り回るなんて、想像しただけで楽しそう!先行発売で入手せねば。日程は11月3日。MINAMI WHEELの最終日だけど、下北沢にスムルースが来るとなったら、そりゃ帰ってくるでしょう!

ちなみに hare-brained unityとか、STANとか、木村ひさしとか、鶴とかも出ます。ああ楽しげ!

詳しくは公式サイトへ。こちら

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スムルースの「おっちんしよし其の弐」 @club jungle 7/26

興奮が冷めないうちに、レポります。

ナカジ脱退後のスムルース、ちょっとだけ不安を抱えての参加でしたが、結論から言えば、行って良かった、の一言に尽きます。

私はナカジファンだったし、ナカジがいないことはとても寂しかったし、ドラムが違うとやっぱり当然音も変わるし、前のスムルースでないことは確かなのだけど、サポメンのシゲじいさんのドラムはとても素晴らしかった。一緒に見た友達が言って納得したのだけど、ナカジが年取ったらあんな風になりそう、という風貌。ある意味寂しい事実だけれど、ナカジがいなくても、スムルースはスムルースでした。

さて、今日のライブはモモダチクラブ限定ライブだったわけで、しかも抽選だったわけで、つまり参加できなかったお友達がたくさんいたのでした。前回参加できなかった私としては、ただ楽しかった!と書いてしまうとなんだかしっくりこないので、少しずつ思い出しながら感想を書いてみたいと思います。

おっちん(座る)というタイトルどおり、座席ありのライブでした。盛り上がる曲は立ち上がり、トークのときは座る。ホールコンサートのように楽しんで、と言ってましたが、まさにそんな感じ。

半分ぐらいは喋ってたんじゃないか、というぐらいMCの長いイベントでした。あのMCの楽しさがスムルースの良さなので、個人的には大歓迎。他のファンの人もみんな楽しそうでした。今度はトークライブしよう、という話で盛り上がり、途中、予行練習的に質疑応答コーナーをやってみたりしました。ゴーKによく投稿していたという方が質問したのがきっかけで、徳田くんのテンションがあがりまくり、その後なかなか歌に入れず、困ってニタニタしてる徳田くんも面白かったです。

「盾と盾(表記不明)」という新曲を披露してくれたのですが、トークライブのMCでおかしなテンションになっていた徳田くんが、なんとか気持ちを切り替えて、この歌に込めた思いを真面目に語ってくれました。ようやく歌に入れたときは、徳田くんもホッとしてましたが、見てるこっちもホッとしました。この曲は、勢いもあるし、歌詞も良いし、徳田くんの才能に改めて惚れ直しました。リリースはいつなんでしょうね。とても楽しみです。

あと、こういったイベントならではなんでしょうか、「バラ色ダンス」の振り付けをみんなで考えました。前日のイベントで考えたものに、更にアレンジを加えたバージョンができあがりました。今日参加できなかった人が疎外感を感じたらイヤだなぁとちょっと思いますが、そこはきっと今後のライブで徳田くんか小泉くんが振付け練習タイムを設けてくれると思うので、これから参加される方も、気後れせず、みんなで踊れるんじゃないかと思います。っていうか、そういう気遣いはきっとスムルースにならあるはず。無かったら困る。

さて、ここからはかなり個人的な感想になります。

スムルースの曲にはいつも勇気をもらうけれど、今日はひたすら泣けました。なんていうか、この半年知らず知らずのうちに張っていた緊張の糸がぶちんと切れました。徳田くんの歌う姿と、ナカジがいない、ということが、なんていうか、恋愛とか、夫婦とか、別れとか、出会いとか、運命とか、そういうものを私に思い起こさせて、音楽を楽しむというよりも、ひとり反省のときを過ごしていました。でもこういう風に自分を省みる時間ってなかなか普段持てないから、有難かったです。

普段なかなかやらない曲のひとつ、「宇治川」の演奏がとても素晴らしかった。多分、シゲじいのチカラが大きい。徳田くんの感情がどんどん高まっていくのが分かって、しびれました。ナカジのドラムも大好きだけど、また別のチカラを持ってる方です。「ヒマワリサン」も久々に聴きましたが、やっぱりいい曲です。昔、ツアーで聞いたときは、やさしい曲だと思ったのですが、今日は力強さを感じました。

ちなみに一曲目は「恋ズドン」でした、たしか。あと思い出せるのは順不同で申し訳ないですけれども、「沈黙の花言葉」「月のかたち」「カルピスチュッチュ」「帰り道ジェット」「スーパーカラフル」「虹色の予感」「商店街とあなた」「ドラマ」。アンコールは、アンケートで2日間とも1位だっという「カナメ詩」でした。

イベント終了後、メンバーからのプレゼント抽選会がありました。スタップからもTシャツとトートバッグがあり、こちらにはシゲじいもサインしてました。残念ながら当選はしませんでしたが、最後の最後に全員にプレゼントがありました。「モモダチクラブのうた」のCDサイン入り。これっておっちんしよしの第一弾のときに作ったと言ってた曲でしょうか。そのへん詳しいことは分かりませんが、メンバーからの手渡し(つまり握手会)があったのはファンクラブイベントっぽくて良かったです。一言ずつお話させてもらいました。ありがとうございました。

またこういったイベントを、ぜひ次回は関西以外の場所でもやってもらえたら嬉しいなぁと思いました。きっといろいろ事情があるのだとは思いますが、ぜひぜひ検討してもらいたいです。

だらだらと書いてきましたが、今回参加できなかった方にも少しはお裾分けできたでしょうか。

ライブの面白さを思い出せたので、また近いうちにライブに行こうと思います。今日お会いできなかったお友達にも、どこかの会場で一緒にライブが見れたら嬉しいです。

以上、KYOでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況報告 7/24

書こう、書こうと思っているうちにひと月が経ってしましました。毎日毎日暑いですね。仕事から帰ってすぐに料理する気になれず、適当なものばかり食べてます。しっかりせねば。

さて、ここ最近あったこと。

・アメリカのドラマ『グレイズ・アナトミー』にハマる。シーズン1、2、3と一気に見たので、夢にまでインターン達が出てくるほど。「オマーリー!」とか「バーク」とか名前ばっかりで会話は無いですけれど。ともかく主人公たちの名前が頭をぐるぐる回る。それほどハマっていたのに、シーズン3の第二弾があることをつい先週末知って、ショックを受ける。続きを気にすると次のシーズンまで待ち遠しいので、また一気に見て再度封印せねば。

・映画『西の魔女が死んだ』でボロボロ泣いた。原作も大好きだけど、映画も良い。原作に忠実で、しかも、キャスティングも良い。何より、おばあちゃんの「I know」が原作で読んだときより確実に胸に響いた。映画にした価値がそこにある、と思った。

・映画『キサラギ』をDVDで借りた。期待が大きすぎたせいか、イマイチ。ラストがちょっとだらーっとしていたと思う。舞台で観たら面白そうな脚本だなぁと思った。

・舞台と言えば、RENTが再演になるらしい。でもマーク役は山本耕史でなく、森山未來だそうな。この二人を舞台『ボーイズ・タイム』で観たのがもう8年も前!どちらも知名度がぐーんと上がって嬉しい限り。

・ふとした瞬間にOLDの『プラチナ』が頭に流れて、その歌詞に圧倒される。思わず泣きそうになる。ライブに行くというのが生活の一部だった日々は去ってしまったけれど、OLDのライブはまた必ず行きたい。

・とりあえず、明後日はモモダチクラブのライブに参加予定。ナカジのいないスムルースは、どんな感じなんだろう。ちょっと不安。これが楽しめればまた音楽ライフ復活するかな?どうだろう。とりあえずは気持ちをまっさらにして参加してきます。

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨に入ったのにいい天気で嬉しいですね。

今朝は健康診断に行ってきました。噂に良いとは聞いてましたが、本当に良かったです。女性専用なので検査着でウロウロしててもなんだか安心だし、お医者さんも女性で嬉しかった。機能的で効率的だけど、機械的ではないところが素晴らしい。とても気持ちの良いところでした。後は結果が良ければ文句なしだなあ。

+++

今日はいよいよ三谷幸喜監督作品『ザ・マジック・アワー』の初日ですね。明日、母を誘って行ってきます。三谷さん、プロモーション活動でテレビに出まくりでしたね。会社でも私が三谷幸喜ファンだとバレたので、○○に出てたよ、とみんなが教えてくれて嬉しかったです。もちろん全て私が既に知ってる情報でしたけどね。私ってつくづくマニアックな性格だなあ。

+++

ところで、春に某バンドを脱退した某ドラマーくん、大阪で喫茶店を始めたみたいですよ。関西版のぴあに顔が出てました。てっきりおじいちゃんのやってたことを継ぐと思ってたのでかなり驚きましたが、元気そうで良かった。お店のHPのブログの文章を読んだら妙に懐かしかった。次大阪に行くときは覗いてみようと思ってます。因みにお店の名前はゴーゴーコーヒー

+++

スムルースのモモダチ限定ライブはまたまた関西なんですね。一応今度は抽選になったので公平感は増したけど、どうせ2日やるなら1日は関東でやって欲しかったなあ、と言うのはワガママ…ですね。関西拠点のバンドだし、徳田くんは術後ですものね。一応申し込む予定です。当たるといいな。


以上、KYOでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつの日か

久々にじっくりネットをうろうろしたら、スムルースにナカジがいないということがボディブローみたいにきいてきました。この前のライブは行かなかったので、まだ3人のスムルースを見てません。うーむ。こんな時差でショックが来るとは。

ところで、昨日記事に書いた福原美穂さんは、ちょうど昨日ミュージックステーションに出たのですね。凄いなぁ、デビュー直後に出れるなんて。

さて、ひとつ嬉いこと。HOME MADE 家族の武道館公演が決まりましたよ!来年2009年1月11日です。絶対チケット欲しい!だって念願の武道館ですものね。早速カレンダーをチェックしてみたら、3連休のドマンナカですよ。これは全国からファンが駆けつけますね。争奪戦必至。有言実行って格好いいなぁ。「いつの日か 立ってみせます 武道館」。私が初めて聞いたのは、(そして、会場のみんなと一緒に言ったのは)2005年の夏だったなぁ。夢をちゃんと実現させている彼らは本当に格好いい。ブログのMICROやクロの熱い言葉にもジーンと感動。そしてU-ICHIの温かい佇まいにも感動。いいグループだなぁ、本当に。武道館の次はぜひ横浜アリーナに来てくださいな。待ってるよー。

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手にマッチング

ふうん。スムルース、ドラムのナカジが脱退っすかぁ。

ふむふむ。

スムルース+丸尾和正、なんて、どうだろう!?

丸尾和正氏とは、2006年1月に活動休止してしまった、Clingon の
ドラムである。同じく Clingon の 木村ひさし氏も、東芝系列の
インディーズレーベル、Reservotion から、ソロ活動を本格的に
始動したことだし、なんか、良さそうな組み合わせだと勝手に
思ってみたりするのだが、どうだろうか。

スムルース+丸尾和正、ふむふむ、なかなかいいんじゃない?


by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラメルXスムルース

昨晩シアター・テレビジョンを点けたら演劇集団キャラメルボックスの「クロノス」をやっていたので、途中からでしたらが見てみました。このお芝居は、スムルースの曲「冬色ガール」が劇中で使われていると聞いていたので以前から興味を持っていたのです。

TVでお芝居を見るといつも違和感を感じます。発声方法がTVドラマとは違うので、どうしてもわざとらしく聴こえてしまうんですよね。劇場で生で見ているときはそれほど気にならないのに、TVの画面を通すととてもヘンな感じがします。

でもこのお芝居に関して言えば、ストーリーの先が気になって、気になって、次第に声の違和感を忘れて見入ってしまいました。もともとタイムトラベルものは好きな方なので余計に楽しめたのかもしれません。愛する人を救うため、何度も何度も過去に戻る男性の生き方はとても真似できないほど激しく、執念深く、圧倒されました。

スムルースの曲の使われ方は私の想像とは違っていましたが、この番組の後のトークの部分でもバックに使われていて、嬉しさ倍増でした。

この曲が使われていると知ってから2年以上経って、まさかテレビで見れるとは。シアター・テレビジョンさん、ありがとう!

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スムース

今日から全ての「のぞみ」が新横浜に止まるんですよ。
通勤途中このポスターを見る度にスムルースを思うわたし。
しかも一文字欠けてるあたりが、また切ない。

でもお蔭様で、新しい職場では楽しく働いています。
このまま穏やかな日々が継続しますように。

以上、KYOでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧