« 2010年3月 | トップページ | 2010年12月 »

4年後を楽しみに。

完全なにわかファンですが、今回のワールドカップ南アフリカ大会は大いに楽しませてもらいました。前評判が悪かったせいで、始まってからの快進撃がより大きな驚きと喜びに繋がったW杯でしたね。

W杯と言えば、日韓共同開催された8年前、運良く2試合分のチケットを手に入れることができ、神戸と横浜で観戦したことを思い出します。日本戦ではありませんでしたが、お祭り気分で大いに楽しみました。

そもそもあまりスポーツ観戦しない私は、サッカーのルールをその当時初めて学びました。実は今でもオフサイドなどはいまいちピンときませんが、ともかく、W杯は盛り上がっておこうといった感じで今回も日本戦は4戦ともテレビで観戦しました。

デンマーク戦は午前4時半に起きたので後半戦からとなりましたが、サッカーであれほど興奮したのは初めての経験でした。


本田の凄さはにわかファンな私にもよく分かりましたし、その後の海外の報道での高評価を知って更に興奮しました。決勝Tに進めたのは、決してまぐれではなく実力だったのだと誇らしくなりました。
長友はすばしっこくスタミナ満点のプレー、中澤のカラダを張ったディフェンス、闘莉王のヘディングは力強かった。川島もよくセーブしてました。その他の選手達も、世界に通用するプレーができると証明してくれてました。

今回、テレビで見ているだけで、代表メンバー達が、スタッフを含めて非常によいチームなのだと感じられました。ゴールを決めたらベンチのメンバー、スタッフに駆け寄り抱き合って喜びを表現。PK戦の前には全員で円陣を組んでました。一体感があるとこんなに強くれるんですね。なんだかいいもの見せてもらいました。

「チームがひとつになる」これがいかに難しいことか。W杯本戦前に4試合立て続けに負けたから結束力が高まった、とか言われてますが、負けてバラバラになるチームだって多いはず。岡田監督はどうやってチームをひとつにしたんでしょうか。そこが知りたい。


4年後のブラジルでのワールドカップに、今回の代表メンバーの何人が選抜されるんでしょうか。数人いるかいないか。それを思うと胸が詰まります。


どうか次回のワールドカップも、今回のようにひとつに団結した日本代表のチーム力をまた見せて欲しい。


ワールドカップが終わっても、サッカーの試合、見ていきたいなと思いました。にわかファンから、ほんの少しだけ「ファン」に近付いて、4年後を迎えられたらいいかなと思ってます。


サムライブルーに感謝。勇気や希望を本当にありがとう。


以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラーボトル『メッセージ イン ア ボトル』について

最近あまり更新していないブログですが、このアルバムについては書いておこうかと思います。


カラーボトルと言えば、熱いライブ。去年のMINAMI WHEELのライブはいまだに熱気を思い起こせるほどいいライブでした。

ブログには書いてませんが、スムルースとの対バンがあった3月のライブ(渋谷クラブクアトロ)も行ってきたのですが、いつも時が経つのを忘れてしまい、「次の曲で最後です」と言われると本当にびっくりします。そんな感じでちょこちょこライブは行ってるのですが、CDとなると、シングルは一枚も持ってないんですね。それでファンと言えるのかどうか分かりませんが、先週6月2日に発売になったばかりのアルバム『メッセージ イン ア ボトル』はここ1週間毎日聴いています。

彼らのアルバムはインディーズ時代から質が高いと思ってましたが、今回のも抜群です。3rdシングルから最新の7thシングルまで5曲もシングルが入ってますから、コアなファンはひょっとすると新曲が少ないアルバムだと不満に思うのかもしれませんが、これからカラーボトルを知る人には持ってこいのアルバムなんじゃないでしょうか。

個人的に特にオススメなのは、『合鍵』と『もしも雨に』あたり。やはり切ない系の歌を歌わせると竹森君の良さが倍増します。

視聴はこちら


『青い花』は「キャシャーン sins」の主題歌だったので、ご存知の方も多いかも。非常にキャッチーな1曲。竹森君の力強さも感じられます。

1曲目の『ゼロになって』も勢いがあって非常に格好いいです。CDショップで視聴するお客さんを意識してるとしたら、大正解じゃないかと思います。

個人的な意見ですが、試聴機で最初から最後までじっくり聴く人って少ないのではないかと思うので、最初にどの曲を持ってくるかって、このご時世とても大事だと思います。

『メッセージ』は一番カラーボトルらしい曲かもしれません。勇気とかファイトが湧き起る曲です。『虹』も同じく、おなかからチカラが湧いてくる感じの曲です。

ちなみに、ユーモアセンスも抜群のカラーボトル。前作の『ぐっと・ミュージック』に収録されている『パン屋さん』はかなり楽しい曲で、とても気に入っています。今回はそういう曲がないのがちょっと残念かも。

只今ツアーの真っ最中ですが、8/29(日)のZepp Sendaiでのワンマンも気になります。今後ますます大きな会場でライブするようになるんでしょうね。

サカナクションが武道館決定しましたが、カラーボトルにも是非更なる上のステージを目指して欲しいです。応援しています!

by KYO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年12月 »