« ビンビールズ@LOOP 6/7 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」の余韻で過ごす1週間 »

『ザ・マジックアワー』訳あって2度見てきました。

今朝、公開されたばかりの『ザ・マジックアワー』を見ようと10時に母と待ち合わせをしました。この数ヶ月、楽しみに楽しみに待っていた映画です。試写会を見た人のネタばれブログも読まず、じっと公開を待った映画は久しぶり!

さて、映画が始まりまして、最初の20分位はちょっと間延びしてるかなあと思いましたが、そこから2時間はノンストップで笑えました。佐藤浩市、最高です!あんな渋い顔して、あんなに笑えるコメディーまで演じることができるなんて、いやはや恐れ入りました!

でも、残念ながらラスト30分ってとこで映写機が故障。再開したかと思ったら、途切れたところから何シーンか先にストーリーが進んでしまってる!途中をどうしれくれるんだ!止めろ、止めろ、巻き戻せーっと、ひと騒動ありまして、結局1時間以上待たされたあげくに最終的には上映が中止に。次の回の人が入ってくるから続きを見るのは諦めてくれ、というではありませんか。

映画館の係員によると、何の手違いかフィルムが冒頭まで巻き戻ってしまったらしいのですが、早送りという機能がついてない映写機なんだそうで続きからはお見せできません。最初から見せるにも、次の回の人が待ってるのでそれもできない。お金は払い戻すから出直してきてくれ、というんです。払い戻しを受ければ金銭的には損しないのだけど、どうもこの対応が腑に落ちませんでした。映画のラスト30分が見れなかったこのやり場のない気持ちといったらありません。どうしてくれるんだ~。

映画館の事情も分かると言えば分りますが、公開した最初の週末にわざわざ映画館に足を運んだお客さんですよ。なんとか残りの30分を見れるように策を練ってほしかったです。ただただ「申し訳ございません」を連呼して、お金返せば済むと思ったんでしょうか。

例えばですけど、1時間あとにスタートした部屋があったのだから、そこの上映が終わった時点で30分間分を巻き戻して私たちに見せ、それが終わったら次の回をスタートさせるとか、何か誠意を持った対応ってあったと思うんですよね。確かに次のお客さんにはちょっと迷惑がかかるけど、一度見始めた映画を途中で中断されたお客さんを切り捨てるような対応はやっぱり変ですよ。私たちののこの悔しさ、どうして映画館側に伝わらなかったのかなぁ。あの場所に最後まで残っていた数十人のお客さんたちが、なぜ怒ってたのか、分かって欲しかった。そして私は、もうちょっとうまく気持ちが表現する能力が欲しかった。この悔しさをうまく伝える冷静さと頭脳が欲しかった。

もうあの映画館では見直す気になれなかったので一旦実家に戻り、気分を入れ替えて夕方からもう一度、今度は別の映画館で最初っから見て来ました。結果として公開最初の週末に2度見たことになりました。ラスト30分は一度しか見てないけど。

何はともあれ、映画自体は最高に楽しい映画でした。2度見ても笑えたし、ホロリとするシーンもありました。佐藤浩市、素晴らしい役者さんですね。そして、三谷幸喜はやっぱり天才!


以上、KYOでした。

|

« ビンビールズ@LOOP 6/7 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」の余韻で過ごす1週間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/41475136

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・マジックアワー』訳あって2度見てきました。:

« ビンビールズ@LOOP 6/7 | トップページ | 「ザ・マジックアワー」の余韻で過ごす1週間 »