« 『ザ・マジックアワー』訳あって2度見てきました。 | トップページ | 作って、食べる。 »

「ザ・マジックアワー」の余韻で過ごす1週間

三谷幸喜さんの映画「ザ・マジックアワー」を見てから1週間が経とうとしていますが、いまだに思い出し笑いしては一人ニマニマしています。映画館で大笑いしたシーンよりも、小さな笑いが後からジワジワときますね。以下、ネタばれあり。要注意。


いろんなシーンを思い出していたら、だんだんと妻夫木くんがツボにはまってきました。白いハンカチを舐めて佐藤浩市さんのメイクを落とそうとするシーンとか。ハンカチ舐めるなんて、おばちゃんでも最近しないし!(笑)

あと、「カット、、、あ、すみません、デラ富樫が」と言った時の「いつもの癖が出ちゃいました、すみませーん」的な表情も!妻夫木くんて器用な役者さんですねー。

あと、ちょっとしたシーンですが、堀部圭亮さんのあの顔!っていうか、正確には口かな。たまりません。ディズニー映画の悪役の顔をナマで演じてる感じ?三谷さんがどんな風にディレクションしたのか知りたいです。絶対イメージしてる元ネタがあるはずですよね。

でもやっぱり何と言ってもギャングとデラ富樫の、何故か噛み合ってしまう会話には脱帽ですよね。やっぱり三谷さんは天才。寺島進さんの「役者は揃った」って好きだったなぁ。「おれのこと、どっから狙ってんだ」とかのやり取りも笑えました。「カットと言っていいのはこの人だけだ。肝に銘じておけ」とかも、最高ですよね。こうやってセリフだけ書いてみると、全然笑えるように思えないけど、シチュエーションが絶妙なんですよね。やっぱり思い出すだけで笑える!

昨日J-WAVEでアンジャッシュの渡部さんとトークしてたときに二人で言ってましたが、アンジャッシュのコントって三谷ワールドですよね。決して三谷映画がアンジャッシュの真似をしたんじゃありません、真逆です!と渡部さんが叫んでたのが面白かったです。渡部さんが本当に三谷さんを尊敬してるのが伝わってきて、昨日のラジオは聞いててとても楽しかったです。三谷さんが気持よく喋ってたのが印象的でした。いつもはあんなに素直に熱く語らない気がします。

因みに私はここ数日、ファミリーマートと映画のコラボ商品を買いまくってます。今日は「天塩商会公認 揚げぱん」を買いました。きなこ味が美味でした。「港のギャングムース」「黄昏バナナ」はまあまあかな(笑)あとは「三日月のメロンパン」を食べようと思ってます。

映画は順調にヒットしてるようだし、これで三谷さんの才能が全面的に評価されるといいなぁ。あ、21日から22日にかけては、都内5か所で「大ヒット御礼 24時間舞台挨拶」というのを敢行するらしいですよ。チケット争奪戦でしょうね。

オフィシャルサイトの「プロダクションノーツ」で三谷さんが、山本耕史くんを主演にした映画の企画が頭の中には幾つもある、と書いてらして、ちょっとテンションあがりました。ぜひお願いします。

ああ、でもその前に、もう一本佐藤浩市さん主演でコメディーを書いて欲しいですね。笑って泣ける映画をぜひもう一本!

以上、KYOでした。

|

« 『ザ・マジックアワー』訳あって2度見てきました。 | トップページ | 作って、食べる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/41522775

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・マジックアワー」の余韻で過ごす1週間:

« 『ザ・マジックアワー』訳あって2度見てきました。 | トップページ | 作って、食べる。 »