« 穏やかな日々 | トップページ | ラジオの話 »

ヘアブレは、四つ打ちロックから脱却すべし!

hare-brained unity(ヘアブレインドユニティー、以下ヘアブレ)が伸び悩んでいる。「ソライロ」でメジャーデビューしてからいくつかの新曲を世に出し、アルバムもリリースしてきたが、ファンの数も伸び悩んでいるし、ヘアブレミュージックもさほど進化していない。これが、デビュー前から彼らに注目してきた私の率直な感想だ。

初めて彼らの音楽に出会ったとき、すごい新人がやってきた、日本のロックシーンを担う本格派登場だ、と確信した。
「サヨナラトーン」、「スペクトル」、「スターライト」、どれも、世が世ならスーパーヒットしてもおかしくない傑作だと思った。

そしてそれ以降、彼らの動向にしばらく注目していたのだが、前に挙げた3曲を超える何かが、なかなか出てこないのだ。

私は、それに対して、このように思っている。
「彼らのトレードマークである『四つ打ちロック』が、彼らの音楽の進化の可能性を潰してしまっているのではないか。」


突き放した言い方をすれば、「四つ打ち」は、数あるドラムの表現方法の一つに過ぎない。確かに四つ打ちは、シンプルな美しさがあり、ライブを盛り上げるのに欠かせない一撃必殺の武器たり得ると思う。だが、そのシンプルさ故、そればかりに拘ると、変化をつけにくい、そして、新曲を出しても、以前とあまり変わらないな、という印象になってしまう。

ヘアブレの魅力は、四つ打ちだけじゃないだろう。彼らのインストの演奏をナマで聴いたことが何度もあるが、ドラム以外の3名の表現力だって抜群だ。それらを生かし、かつ四つ打ちではない別のロックに挑戦して、ロックミュージシャンとしての幅を広げるべきときが、既にやってきているのではないだろうか。


by KJ

|

« 穏やかな日々 | トップページ | ラジオの話 »

- ヘアブレ - hare-brained unity -」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/40970168

この記事へのトラックバック一覧です: ヘアブレは、四つ打ちロックから脱却すべし!:

« 穏やかな日々 | トップページ | ラジオの話 »