« サカナクション HMVとtvk情報。 | トップページ | TRIPLANE のPV、BARKSで全曲無料視聴できまっす♪ »

たまご

今朝、NHKのドキュメンタリーを見ていました。ネット54と言う番組で、兵庫県三田市にある小学校の『たまご』の授業を追ったものでした。

小学3年生が、紙粘土で作った『たまご』を育てる、という授業です。生徒たちは学校でも家でもそのたまごのお世話をし、育児日記をつけていきます。みんな思い思いの方法で世話をしていました。腹巻きを編んであげる子、クリスマスプレゼントをあげる子。

先生がこの授業を通して伝えたかったのは、自分がどのように大事に育てられて成長してきたのかを知って欲しいということ。そして、そうやって育ててもらった自分を大切にして欲しいということ。

子育てを疑似体験することで生徒たちは親の気持ちを知り、更には、親御さんたちはそんな子どもたちの姿を通して、親子間のコミュニケーションを見直すきっかけにしていました。子どもがたまごに何をしてあげているかを見ることにより、子ども自身が親に何を求めているかを知ることができるのですよね。甘え下手な子が、徐々に母親とのコミュニケーションを取れるようになっていく姿にうるっときました。なんとも興味深い授業でした。

この番組を見て他の先生が真似をしたとしても、必ずしもうまくいかないでしょうね。一歩間違えば、みんなでたまごっちをして遊んでいるだけってことになりかねませんから。この先生のように、生徒たちに真摯に向き合うことが不可欠なんだと思います。

私には子どもはいないですが、いつか何らかの形で子どもに関わる仕事をしたいなあなんて思いになりました。そう思って大学では教育学を専攻したんだったっけ。

今踏み出す勇気は無いのだけれど、この思いは胸に刻んでおこうと思います。

一年を通して育てたたまごは、三学期にタイムカプセルに入れることに決まったそうです。きっとカメラはそこまで追い続けるでしょうから、編集し直してまた放送して欲しいです。

以上、KYOでした。

|

« サカナクション HMVとtvk情報。 | トップページ | TRIPLANE のPV、BARKSで全曲無料視聴できまっす♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
トラックバックさせて頂いたラビットです。
「たまご」作りを通じて、自分を育ててくれた親を考えさせる授業はいろいろ考えさせられるものがありました。
折しも、小中学校の学習指導要領が改訂された時ですね。

投稿: ラビット | 2008.02.17 05:02

ラビットさん、コメント&トラバありがとうございました。

教育というのは絶対的な正解が無く、難しいものですよね。子どもと1対1で向き合うことの大切さを痛感した番組でした。

投稿: KYO@シュレネコ | 2008.02.18 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/40143361

この記事へのトラックバック一覧です: たまご:

» 聞こえなかった「先生」の声 小・中学校時代 [難聴者の生活]
昨日、朝10時5分からのNHKで「ネット54『ふるさと発たまごが教えてくれたこと~兵庫県狭間小学校・3年1組の子どもたち』」を見て、いろいろ考えた。 子供たちが、先生の指導のもとで紙粘土で作った「たまご」を自分と思って育てることを通じて、自分を育ててくれた親たち..... [続きを読む]

受信: 2008.02.17 04:55

« サカナクション HMVとtvk情報。 | トップページ | TRIPLANE のPV、BARKSで全曲無料視聴できまっす♪ »