« airdrop『育てよ、私』 | トップページ | キャラメルボックス「トリツカレ男」@池袋サンシャイン劇場 12/6 »

スムルースの魅力に迫ろう第3弾!

スムルースの魅力に迫ろう第2弾!」を書いてら半年経ってしまいました。年を越す前に、徳田くんの詩の世界に迫ってみようと思います。

■楽■

「ルトシイアリヨスピルカ」

反対から読むと、むふふ、となります。収録は『カルピスチュッチュ』。

番外編でも書きましたが『ディスコ☆スター』にはこんな歌詞が。

「ブレイク フラッシュ 盆 ジュリアナ 太極拳 さあ 踊るのです」

盆って!確かに踊りだけど、太極拳は絶対に踊りじゃないし(笑)フラッシュっていうのもツボ。「恋が弾めば そう君がスター 人生はなんてステキ」と続くあたりも好きです。

このほか、『ゴールデンクイズ』や『アンニュイ長距離テレフォンガール』も歌詞カードをじっくり見ると発見がありますよ。

■悲■

「ドラマチックをまさにかき消す
 スローモーション 突き刺さって
 君の言葉に絶景はゆらぐ」

『スライドブルー』の出だしです。別れを切り出され頭が真っ白になる感覚を、まさにドラマチックに描き出してると思いませんか。この歌詞を疾走感溢れるメロディーに乗せるあたりがまた格好いい。


スムルースにしては珍しく聴かせる系のバラード『ムーディー・ムーン・ダンス』の歌詞はこんな感じ。

「キミの 記憶が 鳴り響くのです
 引力が 重く 感じるのです」
「キミを 愛して 愛して 悲しいです」

おちゃらけてばかりはいないのです。正統派な歌も歌うのです。でもやっぱりスムルース的切ない歌はこれ。

「ごはんが炊けたら 帰ってくるような気がして 何度もおかわりいたしません」

『ごはんがたけたときのうた』というタイトルからは想像し難いですが、内容は非常に悲しい曲です。一緒に暮らしていたときの「ご飯を炊く」という何気ない行為が如何に幸せなことだったのか。こんな風に歌にされたらぼとぼと涙を流すしかありません。

このほか、『冬色ガール』『沈黙の花言葉』『リリックトリガー』などのシングル曲は切ない系の名曲が多いですね。


■和■

京都で結成されたからでしょうか。和のこころを感じる歌も多数あります。

「はんなり小首を曲げて君の閉じる目の美学
 そして仰ぐ君は空に何を思う」」

『宇治川』の歌詞です。

『憂患の始め』『想いは雨待ち夜空に消えていく』『万葉の夜に』なども、お琴や三味線が似合いそうなぐらい「和」を感じます。こういった曲はアルバム曲なので、なかなかライブでは聴くことができませんが、ワンマンだったら聴く機会があるかもしれませんね。


と、こんな感じでとりあえず思いつくままに3つのジャンルで語ってみましたが、いかがだったでしょうか。また気が向いたらこんな感じでスムルースの魅力を紹介できればと思ってます。


スムルースの魅力に迫ろう第1弾!はこちら
スムルースの魅力に迫ろう第2弾!はこちら

スムルースの魅力に迫ろう番外編はこちら
スムルースの魅力に迫ろう番外編 その2はこちら


以上、KYOでした。

|

« airdrop『育てよ、私』 | トップページ | キャラメルボックス「トリツカレ男」@池袋サンシャイン劇場 12/6 »

- スムルース - Thmlues -」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/17289023

この記事へのトラックバック一覧です: スムルースの魅力に迫ろう第3弾!:

« airdrop『育てよ、私』 | トップページ | キャラメルボックス「トリツカレ男」@池袋サンシャイン劇場 12/6 »