« 手帳のはなし | トップページ | 王子とラングセルモ »

音楽は、自由な世界

本ブログの読者の皆様、毎度私たちの駄文を読みに来ていただいて、本当にありがとうございます。ま、ブログやって、好き放題あれこれ書いていれば、たまには「荒らし」の被害に遭うこともありますが、それでもへこたれずに駄文を書き続けていけるのは、ひとえに読者の皆様のおかげ、と思っております。

「荒らし」ですか。。。

ま、ブログのコメント欄には、誰でも好きなことを書けるわけで、私たちのことを気に食わない誰かが、匿名で誹謗中傷しまくる、というのは、まぁ、起きるときには起きるわけですよ。
これって、手段はまあ卑劣で陰湿ではあるものの、書き込む本人は匿名である限り傷つかないで済む、なかなか優れた言論封殺の手段ですね。
だって、手段の良し悪しはともかく、とにかく目的は達成できるじゃないですか。荒らしの被害に遭った結果として、ブログの筆者が特定のアーティストのライブに行かなくなる、というのは、十分起こり得ますよね。だって、ライブって、アーティストとその観客とが作る空間を楽しむものじゃないですか。そのアーティストのファンの中に、自分を匿名で誹謗中傷する人が紛れ込んでいる、と思うと、その空間にわざわざお金を払って、貴重な時間を割いて出掛けようと思うかどうか。思わないですよ、普通。
結果的に、アーティストのそばの空間から、ブログ筆者を引き剥がす(つまり、筆者はそのライブのレポート等々を書けなくなる)、という作戦は大成功、となるわけですよ。さらにその結果として、そのアーティストのファンが増えるのか、減るのか、は、知る由もありませんが、ね。


ま、「荒らしの有効性」についての考察はさておき。。。

私が本当に言いたいことは、以下の2点です。


(1)
「ファンだったら、こんなことは書かない」
みたいなカキコを見たような気がしますが、私は、自分があるアーティストのファンであるかどうか、なんて、全然興味がありません。
誰かに「自分も***ファンの一員ですよ」と認めてもらいたい、という願望もありません。ただ、聴きたい音楽を聴き、行きたいライブに行っているだけです。そのアーティストの音楽を聴いているからといって、アーティストの親友のような気持ちで接している、というわけでもない。守ってあげなきゃ、とも思っていない。

だから、「ファンだったら、こんなことは」云々と言われても、
「いや、ファンじゃなくていいです。あなたにファンとして認めてもらいたいなんて、思ってません。」
と、そう返すしかないんですよねぇ♪

ま、その一方、「PHONESの『Black Coffee』は最高だ」と思っている自分もいたりしますが、それと同じくらい、「OLDの『まぼろし』は最高だ」、とか、「グラカラの『宙』は最高だ」、とか、「Jake stone garageの『buzz diver』は最高だ」、とも思っていたりします。だからファンだとか、ファンじゃないとか、関係ないんですよ。


(2)
「特定のアーティストのことを、そっとしておいてください」
みたいなカキコも見たような気がします。文脈からは、そのアーティストの音楽を聴くな、ライブにも行くな、ブログにそのアーティストのことを一切書くな、と、そういう意味にとれました。


・・・なんか、全然わけわかんないんですが。

私には、好きな音楽を聴く自由もあるし、好きなライブに行く自由もあるし、ブログに好きなことを書く自由もあるのです。
百歩譲って(いや、一万歩譲って)、「あなたの記事を見て傷つく人がいるので、そういう人に対する自発的配慮として、書くのをやめてください」という意味にとったとして、そういう自発的配慮をするかどうか、も、筆者の自由な選択なのです。
だって、プロのアーティストですよ。聴かれてナンボ、見られてナンボじゃないですか。あーだこーだ言われたくないなら、プロになんかなるな、っていう話です。アーティストのファンが傷つく?ちょっとお友達的な感覚を持ちすぎじゃないですかね。あなたが、あるプロ野球選手のファンだったとして、その人が三振したときに、「しっかり打たんかい、ボケ」、と怒鳴る他人がいたら、あなたはその他人に対して、「そんなひどいことを言わないでください」って、いちいちお願いしてまわるんですかね。その程度のことで傷つくんだとしたら、そこまで傷つきやすい他人のことまで配慮しなきゃいけないんでしょうかね。ぶっちゃけ、そこまで傷つきやすいなら、勝手に傷ついていればいいんじゃないの?と思います。


「読みたい人だけ読んでください。読みたくない人は、読まないでください。」
じゃあ、だめですか?私は、それでいいと思っています。あなたには、私の書く駄文を読まない自由もあるのですから。

言いたいことは、以上です。


では!

by KJ


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

|

« 手帳のはなし | トップページ | 王子とラングセルモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
私はこの記事見てスッキリしました(笑)

「PHONESについて」の記事といい、
この記事といい、色んな思いがおありなのでしょうね・・・。


投稿: karin | 2007.10.29 14:41

karinさん、お久しぶりです!!

コメントどうもありがとうございます。
いろんな思い、ありますよ。
PHONESを応援しなくなった理由もちゃんとありますし、なぜ無名なアーティストにフォーカスして書き続けるか、なぜmixiの非公開日記ではなくブログなのか、という理由も、ちゃんとあります。なぜ、ときに辛口なことをも書くのか、これにも自分なりの理由が、ちゃんとあるのです。

ま、匿名の無礼な人にそれを丁寧に教えて差し上げるほど広い心は持っていないかもしれませんが。

このブログを愛読してくれている方には、いつかその思いを読んでいただけるように、とは考えております。

投稿: KJ | 2007.10.31 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/16839417

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽は、自由な世界:

« 手帳のはなし | トップページ | 王子とラングセルモ »