« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

スムルース『チェンジ・ザ・ワールド』感想

スムルースのニュー・アルバム「チェンジ・ザ・ワールド」をオリコンの
サイトで調べてみたら、なんと8月20日付けのアルバムランキング
で8位にランクインしてました!おめでとうございます!!!
(しつこいようですが、インディーズランキングです。シングル「虹色の予感」
も引き続きランクイン中。8月20日付け、16位。)


前作から8か月でこれだけクオリティ高いもの創ってしまうなんて、
正直言って私、スムルースの才能を甘くみてましたね。
やるじゃん、スムルース。

インディーズになることにも若干の不安を感じていたのですが、吉と出て
本当に嬉しいです。


回陽くんが色々な場所で言ってますが、今回はボーカルを前面に出すこ
とに重点を置いたそうですね。確かにギターが控え目だし、言葉遊びに
溺れることもなく、メッセージがシンプルに表現されていると思います。

燃えるような恋というよりは、隣りにいてくれる人へのあたたかい気持ち
を歌った曲が多いのは、徳田くんが30歳になったことが影響してるのでしょうか。


先日のラジオ出演で徳田くん自身が、今後スムルースを知る人にはまず
このアルバムから聴いて欲しい、と言ってましたが、正にスムルースの
魅力が凝縮された1枚だと思います。

私のオススメ(前半)は『何もない日々』と『商店街とあなた』。
オススメ(後半)は『知りません。』と『家族のシワシワ』です。

スムルースの本当の魅力は後半の曲たちなのですが、まずは前半に
収録されてる爽やかなロックをさらっと聴いて頂き、スムルースっていい
かも、と思った方は後半にお進み下さい。

例えばデビュー前に演っていたという『知りません。』なんかは
スムルースの「おかしさ」が上手く伝わってくる一曲だと思いますので、
この曲が好きだわって方はスムルースの世界にどっぷりハマる素質が
あると思います。ぜひライブにも足を運んでみて欲しいです。

全体を通して聴いてみると、改めて今回のアルバムの質の高さが
実感できますね。ラストの『ドラマ』は名曲だし、『コオリガコオル』は
新境地開拓だ!と思いました。
これからのスムルースがますます楽しみですね。

このアルバムひっさげての全国ツアーも今から楽しみです。
公式サイトでは今日から8月31日まで、先行予約行ってます。
そちらも要チェック。


以上、KYOでした。


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MINAMI WHEEL 2007:KJのオススメアーティストは??

はい、ミナホについて書きますよん。
さてさて、一つ前の記事では、KYO@シュレネコの気になるアーティストがピックアップされていたわけですが、それなら、ということで、KJ@シュレネコのオススメアーティストを紹介してみたいと思います。

じゃじゃん♪♪♪


<10月26日>
・アナ
・植村花菜
・AIR DRIVE
・sleepy.ab
・SoFFet
・NIRGILIS
・ルースフォンチ

<10月27日>
・airdrop
・エレクトリックギュインズ
・さかいゆう
・START FROM SCRATCH
・センチライン
・SONOMI
・nobodyknows+
・橋本昌彦
・Bahashishi
・FoZZtone
・plane
・ONE OK ROCK

<10月28日>
・UNCHAIN
・伊沢麻未
・口ロロ
・ghostnote
・STAN
・千宝美
・TRIPLANE
・MEN☆SOUL


ざっとこんな感じです。

でも、まだまだ変わっていきますよ。なんつっても、まだ全出演アーティストが発表されたわけではありませんからね!
タイムテーブルが発表されると、またまた悩ましいことになるんでしょうね。

では!


by KJ


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MINAMI WHEEL 2007

横浜は雨のお陰で今日はだいぶ涼しい風が吹いてます。みなさんお住まいの地域ではいかがですか?

さて、そんな夏の終わりが見えてき今日この頃、シュレ箱ではミナホの季節に突入です!

まだ二か月前ですが、既に先行予約でチケットもばっちり押さえ、ホテルも予約。今年は準備万端です!

公式サイトでは出演アーティスト第二弾が追加発表されました!

http://funky802.com/minami_2007/

今年も豪華です!個人的に気になった人たちはこんな感じ。


<10月26日>
ASIA SunRise
植村花菜
sleepy.ab
SOFFet

ルースフォンチ

<10月27日>
airdrop
カラーボトル
さかいゆう
JUJU
蝉時雨
FoZZtone

<10月28日>
UNCHAIN
Good Dog Happy Men
高鈴
STAN
タニザワトモフミ
TRIPLANE
MEN☆SOUL


やっぱりミナホは突いて来るツボが絶妙ですね!
ただ個人的にはもう少し北海道勢の参加が欲しいところ。
サカナクションとか決まらないかしら。
(あ、そうそう、若若男女の会場で、ライブスタート直前にサカナの『白波トップウォーター』かかってましたよ!かなりテンション上がりました♪)


これからまだまだ続々と追加されるでしょうから楽しみに待つことにしましょう〜。


以上、KYOでした!


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若若男女サマーツアー'07 @横浜BLIZ 8/20

8/20、シュノーケルBase Ball Bearチャットモンチー
3マンツアーに行って来ました。

3バンドとも生で見るのは初めてでしたが、どのバンドもスカパーで
よく流れているので、とても楽しみにしていました。

ただ、「若若男女」というタイトルに怖気づき、2階の指定席を押さえてみました。
しかも私の前の人たちが誰も立たないのをいいことに終始座っておりました。
でも心は100%楽しんできましたよ。


以下、ネタばれありますのでこれから参加される方、要注意。

まず私の予想に反してトップバッターはBase Ball Bearでした。
演奏がもう文句なしに格好よかった。特にドラム!凄く好みの叩き方!
ギターも非常に格好良い。普段あまりエレキギターに惹かれない私ですが、
このバンドの音は心地よかったです。

でも2階席からは1階でモッシュしてる人たちが見えてちょっと怖かったです。
あれをやらないとライブを楽しめないものなんですかね?
周りに迷惑かけてますよ!と思っちゃう私にはやっぱり2階席で大正解でした。

MCでは3バンドは実は仲が悪い説を中心にしゃべってました。
「シュノーケルのメガネは折ってやった。しかも指紋べたべたにつけてやった。」
とか「チャットモンチーの絵莉子ちゃんに挨拶したら「ちっ」と言われた」
などなど。小出くんのトークは想像通り面白かったです。

ラストにやった「ELECTRIC SUMMER」では、関根史織ちゃんのコーラスが
映えてましたね。これぞベボベ!と大満足で終了。

お次はシュノーケル

このバンドはキーボードのサポートありでした。ちょっと音のバランスが悪く、
厚みが感じられなかったのが残念でした。

MCではもちろんメガネに触れてましたよ。「指紋つけられてよく見えない。」
とか言いながらTシャツで拭いてました。芸が細かいな!


ラストはチャットモンチー

これが凄かった。ドラムとベースが想像以上に低音で、ボーカルの高音を
ばっちり支えているんですね。メリハリがあって非常に好印象。
知らない曲も沢山ありましたが、もうドラムとベース音だけでノリノリになれます。
こりゃ売れるわけだ。

ちなみにMCでは「小出くんに言ったのは「ちっ」じゃなくて「ちぇっ」です」
という返しでした。しかもフォローなし(笑)
横浜公演を意識してか、前日行ってきた鎌倉の話もしつつ、3人の仲の良さを
アピール。とっても好印象なMCでした。


最後に3バンドで「Choo Choo TRAIN」をセッション。
楽器にありつけなかったメンバーは若若隊としてダンスで盛り上げてました。
ビリーズブートキャンプ風の振り付けで、最後には「ビクトリー!」と叫んでましたよ。
これを練習した風景を想像すると笑えますね。
本当に仲がいいんですね、この3バンドは。


今回のイベントで痛感したのは、ライブっていうのは予習しないで来たお客さんを
いかに楽しませることができるかが集客力につなっているんだなぁということ。

コアなファンがライブで楽しめるのは当たり前。
今日初めてライブに来ました、というお客さんの心をいかにつかむか。
これが売れるバンドになれるかどうかのポイントなんですね。

小さなライブハウスも楽しいけれど、大きな箱も良いものですね。色々勉強になりました。

今年は夏フェスは一切参加しないので、この若若男女サマーツアーで
お祭り気分が味わえて嬉しかったです。来年もあるならまた参加したいと思います。

以上、KYOでした。


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風味堂、そしてスムルース

昨日のMステに風味堂が出演してましたが、ご覧になった方
いらっしゃいますか?前回の時とは演奏中の映され方が
全然違いましたね。今回はトリ君もかっちゃんも映る回数が
増えてましたよね。最後のショットは3人が入るように工夫されていたし。

それにしてもちょっと売れるとストリングス隊とか、グランドピアノ
とか用意してくれるんですねぇ。個人的にはキーボードの方が
風味堂っぽいような気はしましたが、テレビ的には映えてましたね。
でも響板が閉まってたような気が。なんかちょっと違和感。

ちなみに一緒にテレビを見ていた父からは「チャゲアスみたいだな」
という難解なコメントが、母からは「スムルースより売れそうね!」
というカチンとくるコメントを頂戴しました。

いやいや、スムルースだっていつかチャゲアスぐらい有名に
なるんだから!!

さてさて、そんなスムルースですが、シングル「虹色の予感」の
売り上げが絶好調の模様です。オリコンのサイトで調べたら
8月6日付けで6位!でした。おめでとう!!
8月13日付けでも13位に食い込んでおりました!!!

念の為書いときますが、インディーズ・ランキングですよ。
痛快レコードからの発売ですからね。お間違えのないように。

この際だから、アルバム「チェンジ・ザ・ワールド」も
もっと売れちゃえー。

ちなみにシングルとアルバム両方買うとメンバー直筆サイン入り
トートバックが貰える応募券ついてますよ。

アルバムの感想はもう少しじっくり聴き込んでからまた。

以上、KYOでした。


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑見舞い気分

夏も後半に入りつつありますが、みなさんお元気ですか?
私たち夫婦はまあなんとかボチボチやっております。


先ほどシャッフルモードでnanoを聴いていたら、ウルフルズの「心」の後に
カラーボトルの「言葉」が流れてきました。

なんだか沁みました。

ウルフルズが好きって人はカラーボトルを聴くといいですよ。
突いてくるツボが同じですから。


突然流れてきたスムルースの「決めの言葉」にもほろり。

『また会う日まで どうか元気で』


ありふれた言葉なのに、徳田くんの歌い方があったかいから思わずホロっときました。

またライブ行くよ~。勇気をありがとう。

みなさんもどうかお元気で夏を乗切って下さいね。


以上、KYOでした。


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布袋寅泰が書類送検。

ギタリストの布袋寅泰が、知人に暴力を振るったカドで書類送検されたそうな。

・・・それがシュレ箱と何の関係が??

何を心配しているか、というと、今年の LOCK ON ROCK オーディションでグランプリを獲得した「Electric Mama」のメジャーデビューの話はどうなるんだ、と、そういうことであります。

約800ものアーティストが参加したオーディションの頂点に立った「Electric Mama」は、布袋寅泰プロデュースのもと、メジャーデビューする権利を獲得していたわけで、今回の布袋寅泰の送検を踏まえて、彼らの扱いは、いったいどうなっちゃうんだろう???

まさか、オーディションの結果がチャラになる、なんてことはないでしょうね(そんなことあっちゃいかんのですが)。例のオーディションの審査に関わった人の中で、布袋氏以外のどなたかがプロデュース役を引き受けるのか、はたまた全く別の人物(布袋級のビッグアーティスト?)にその役目を依頼するのか、どうなっちゃうんだろう。


メジャーデビューって、したからといって「売れる」ことが保証されたわけでもなんでもなくて、知名度の低いアーティストは往々にして知名度が低いままだったりして、ただ、今までの活動がアマチュア的だったところが、ある一線から名実ともにプロフェッショナルとして認められる、つまり、音楽でメシを食ってます、と胸をはって言えるようになる、という意味での節目、通過点だと思うわけですが、それでもやっぱりそれを経験するというのは、アーティストにとって非常に大きな意味を持つものだと思います。「プロであること」というのは、やはり何かにつけ大きい。

そんなわけで、「Electric Mama」が獲得したメジャーデビューの権利、これがどうなるのか、引き続き興味を持って見守っていきたいと思います。

では!

by KJ


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »