« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

PHONES の活動休止について思うこと

はい、KJ@シュレネコです。こんばんわ。

本件について、何も言わないというテもあるんですが、やっぱり一言ぐらい言わせてください。ある意味最後なんで。

PHONESオフィに掲載された言葉は、以下のとおり。
「いつの日かまたPHONESとして活動する時が来る事を信じて、ひとまず7月20日の表参道FABで行うワンマンライブを最後に、PHONESはしばらく休息いたします。」

いろいろな言葉をつなげて私なりに解釈すると、この活動休止は、あくまでしばらくの休息であって、前向きなものだ、と、そういうことのようです。

はっきり言います。無理ですよ。
一度活動を休止したバンドが、後日あらためて再開すると言ったって。
そんなことが許されるのは、ファンの数が万単位でいて、十分採算が見込めるようなビッグアーティストだけです。ファンの数がたかだか数百人しかいないPHONES が活動を休止したら、まわりは全て、PHONESがなくなったものとして行動します。事務所のスタッフも、そのうち別の仕事に就くでしょう。レーベルだって、彼らをサポートするために付与していた予算や担当者のアサインを見直して、全てがゼロになるのです。

後日、めでたく気の迷いが晴れて、PHONESとして活動を再開したいと言っても、全てがゼロです。事務所もなければ、レーベルもない。一介のアマチュア・アーティストにしかすぎないのです。自分でたまにライブを企画して、数曲演って帰る、ぐらいのささやかな活動ならできるかもしれませんが、それって、もはやアマチュアの音楽好きな人間の集まりにしか過ぎないのですよ。

そう。今のPHONESが活動を休止したら、それは解散と同じことなのです。自分の中ではまだ終わってない、と言い張っても、それは自分の中の気持ちがそうだ、というだけに過ぎなくて、彼らをプロとしてサポートする体制がなければ、画餅に過ぎない。

だからこそ、継続は力なり、なんですよ。いったんやめてしまったら、全てが消えてしまう。そのことを知らずに「活動休止」と言っているのであれば、ずいぶん無邪気なお話です。十分踏まえて言っているのであれば、社交辞令として言っているだけで中身が伴わないお話です。

ファンは、いつ再開するかもわからないまま、ただひたすらその日を待ち続けるのでしょうか?もしあなたの彼が突然アメリカに行ってしまって、
「いつの日か、必ずビッグになって帰ってくるから、それまで待っていてくれ。」
と言ったら、待てますか?いつの日かわからないなら、待てないでしょう。それが正常な反応です。期限を切らずに、ただ「待て」と言うのは、無責任です。そんな言葉を信じて待つのも自由ですが、私は待ちませんよ。悪いけど、待ちません。

と、そういうことです。
なので、7月20日のライブは、表向きは「活動休止ライブ」かも知れませんが、私にとっては「解散ライブ」です。新しいスタートを切るために、気持ちを整理するためだけに存在するライブ。もしそのライブで、ケンボーの喉が痛んでいて声が出なくても、あるいは歌詞をど忘れして演奏をやめてしまっても、文句の一つも言わないでしょう。だって、あくまで気持ちの整理が第一義ですから。

はい、PHONESの活動休止について、言いたいことは、とりあえず以上です。
シュレ箱は、まだまだ続きますよ。前進あるのみ!

では!

by KJ


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

■PHONES活動休止■

PHONESが7月20日をもって活動休止するそうです。
昨晩発表されました。

公式サイトによれば、「第一楽章ファイナル」とのことですし、
「解散」ではないのですから、いま私にできることは「第二楽章」を
根気よく待ち続けること以外に無いのだと思います。

---

彼らを見続けてきて、思うことがあります。
初期のPHONESにとっては、「メジャーデビューする」ということが
第一目標だったんだろうなということ。

20代も後半になって、ストリートライブから始める勇気は並大抵の
ものじゃありません。岳さん、啓介さんは、既にその頃プロとして
音楽で食べてた訳ですから尚更です。
必ず評価されるはず、という自信があったのかもしれませんね。

そしてその自信を裏付けるように、あっという間にメジャー
デビューまで辿り着いたのですから、やはり彼らの実力はかなり
のものだと言えます。

ただ、あまりにもスピーディにデビューしてしまった為か、
「デビュー後のPHONES像」を描ききれていなかったように思うのです。

演奏がうまい、歌がうまい、というだけではファンは増えないのですよね。
ただ楽しくライブをすればいい訳ではなく、他のアーティストとの違いを
出して行く必要がある言うほどラクではありません。

---
いろんなバンドのライブを観るようになり、わかったのですが、
毎回毎回、命懸けでステージに立ち、観客の心を震わせるライブを
しなくてはファンは離れていってしまうのですよね。

歌も楽曲も歌詞も、そしてMCも、すべてが一定のレベルを越えてて
当たり前。ライブに行けば必ず感動させてくれる。
それをやってのけてるバンドが山程いるのが現実で、常に上を上を
目指さないといけない。技術はもとより、気持ちを高く持ち続ける
ことが求められるのです。


岳さん、啓介さん、心を揺さぶる演奏に、

けんぼーは心を掴んで離さない歌声に、

いま以上に磨きをかけて戻ってきて下さい。

このままPHONESが終わってしまってはファンとして悔しいですから。
PHONESにはたくさんの勇気をもらいました。
だからこれからは、私たちファンが彼らに勇気をあげましょう。

信じて待っています。

KYO


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々スムルねた

突然ですが、スムルースのPVの中でで一番好きなのは何ですか?
私は「ゴールデンクイズ」だったりします。
ライブ映像をそのままPVにしたかと思いきや、みんなの怪しい動きに
ニマニマします。特にナカジ。あと回陽くんが最後、慌てて正しい
ポジションに移動してる姿にも心を奪われます。

そんなステキな回陽王子、この曲の「ワイワイタクサン♪」という
箇所が、Windows終了時の効果音と同じだということに気づいたそうで。

うそー、ホントだ!もう無駄にPCシャットダウンしちゃうじゃないですかー!
さぁ、みんなでワイワイタクサン♪

情報源は先月から始まったスムルスタップ、きよPさんのブログ
「ヒミツ結社おモぶろぐシテン」でございます。

さすがスムルのスタッフさんですよ、文章が面白い。
裏話が聞けるお得感もあり。ファンの人たちの書き込みも楽しい。
たまにドラムのひとが登場するのも嬉しい。
モモダチクラブの話も出てくるけど、会員限定じゃないんですよね。

ちなみにスムルースのライブ映像が現在gooで無料配信されております。(6/30まで)
(登録の必要あり。無料ですが。)http://music.goo.ne.jp/special/yurerock/

3/14に 渋谷O-Eastにて行われた「ゆれロックFES.2007~ROCK街~」の様子です。
今話題のSuperfly、そしてTRICERATOPSの映像も見れますよ。

オススメは3曲目の「非常にイェイね」でございます。あの「逆さ書道」が見れます。
「ユレロック」→「夢の途中」なんですが、これ、かなり良い出来ではないですか?
いつまでも完成はしない、かぁ。ロックだわー。

先日、公式サイトの日記に徳田くんが
「もう、出会ってしまったんやからな。離さへんで。」
って書いてましたね。こっちこそ、「離れへんでぇ♪」って気分です。
それだけの気持ちにさせてくれるライブをしてくれます、彼らは。
どこまでもついてゆくよー。

以上、KYOでした。


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

20070504 MUSIC DAY サカナクションライブ@渋谷

さてさて、もうかれこれ一週間が過ぎてしまいましたが、2007/5/4(= MUSIC DAY)に私が行きました、サカナクションのライブについて、さらりと書いてみたいと思います。

場所は SHIBUYA BOXX。私は、ここは初めてでした。けっこう小さめの箱で、200人弱でいっぱいになりそうな広さでした。この日のイベントのタイトルは、「PIA NEWCOMER JACK」ということで、「ぴあ」主催で新人バンドをずらりと揃えた無料招待制のイベントでした。

私のお目当ては、札幌からやって来たテクノポップバンド、サカナクション
2番目の目当ては、スカパーで何度かPVを見たFoZZtone。FoZZtoneも、一度チェックしてみたいと思ってたんですよね。チケットが当たって、ラッキーでした!!

で、さてさて、ライブの模様を簡単に。

トップバッターは、、、じゃじゃん♪
いきなり「サカナクション」でした。いやぁ、私にとっても良かったけど(連日のライブ三昧で少々お疲れ気味だったので・・・)、これ、当のサカナクションにとっても、とてもうれしいナイスポジションですね。この日集まったどのアーティストのファンにも、しっかり聴いてもらえて。2007/5/9 のメジャーデビューの日を目前にひかえて、とても縁起がよろしい♪

セットリストは、以下のとおり。
・インナーワールド
・三日月サンセット
・あめふら
・GO TO THE FUTURE
・白波トップウォーター

全曲、デビューミニアルバム「GO TO THE FUTURE」収録曲でした。

ボーカルの山口一郎クン、東京は暑い、と何度も言ってましたね。でも、実際のところ、私が思うに、暑いのは東京というよりも、SHIBUYA BOXX の中でしたよ。あんまり空調が効いてなくて、熱がこもってた。東京都民でも、十分暑かったと思います。

札幌で行われる予定のワンマンライブの告知もしてました。行けないけど・・・。笑
なんでも、ギターの岩寺クンのオヤジさんが、ホテルを経営しているとかで、岩寺クンにお願いすれば、2割引で宿泊させてもらえるそうです。ホンマかいな!?2割引って、けっこうデカいよね♪www

演奏の方も、バッチリでした。音がビシバシ揃っていて、とても私好み♪ また行きたいっすね。


2番手は、「ILLMATIC HEADLOCK」。HIP HOP系。スーパーアウェイで、盛り上がり感に欠けていた。HIP HOP系で、盛り上がらないのは、けっこうツラいね。お互いに。客席を巻き込んでホーム環境に変えてしまうような勢いがないと、今後苦労するかもね。

はい、3番手は、「monobright」。クセモノロック。お揃いのポロシャツで、オタク気味の雰囲気をプンプン漂わせて、ギターをバリバリかき鳴らしておりました。私は、ちょっと苦手系かな。ゴメンねぇ。

4番手は、「supreme sound recreation」。これまたHIP HOP系。神戸からやってきたそうです。彼らは、一番最初に観客席の盛り上がりがイマイチなのをすかさずフォローして、仕切り直しの盛り上げなおし、きっちりやってました。そうそう。HIP HOP系は、このぐらいのパワーでいつでもどこでも盛り上げていかないとアキマヘン。そんなこんなで、HIP HOP系がさほど得意でない私でもけっこう楽しめた。

で、ラストは、待ってました。「FoZZtone」。やっと出てきたよ。正統派ロックが。ロック好きな私には、2番手~4番手の間はどうもやっぱりしっくり来ていなかったんですが、最後が FoZZtoneで良かった。曲名がよくわからないですが、スカパー!で聴いたことのある曲もいくつか(ん?1曲かな?)演ってくれた。知ってる曲が聴けると、やっぱうれしいよね♪観客席も、いいカンジに盛り上がっていたと思います。CD買え買え、って何度も言ってたけど。ごめん。買わずに帰ってきた。いずれご縁があれば、買うかもしれません。もうちょっと考えさせておくれ。www

はいっっっ、さらりと駆け抜けるかのような一口ライブレポコーナーでした♪♪
そんなこんなで、私は、楽しい MUSIC DAY を過ごせましたとさ。

では!

by KJ

 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「THE DAY FOR CHILDREN」 @渋谷クラブクアトロ 5/5

昨日、渋谷のクアトロで行われたイベント、もう最高に
楽しかったです。この日に合わせて体調を整えておいて
本当によかった!音楽サイコー。

では感想をひと言ずつ。

ムラマサ☆
スカバンドを見るのが初めてだったので、お客さんの
踊り狂う姿にびっくりしましたが、ムラマサ☆の音楽は
限りなく「陽」で、とてもとても楽しかったです。
8人全員からエネルギーが発せられていて、音楽の
パワーを体中で受け止めさせてもらいました。
楽しいライブをありがとう!

SOUTH BLOW
ちょっとファンが少なかったんでしょうか。
それとも彼らが緊張していたのか。少々物足りなさを
感じましたが、スカもいいけど、やっぱりロックって
いいなと思わせてくれました。ありがとう!

オレスカバンド
ちょっと挑発的なMCに引き気味の私でしたが、やっぱり
勢いのあるバンドはパワーが違いますね。
ムラマサ☆とオレスカの両方が好きというお客さんが
多かったんでしょうね。あの盛り上がりは凄かった。

女の子だけのバンドだけに、男のファンが沢山。
ゴール決めたあとのサッカー選手が体をぶつけ合ってる
シーンを良くTVで見ますが、そんな人たちが百人ぐらい
固まってる感じ。圧巻です。「対バンっていいね!」とMCで
言ってましたが、本当にそう思いました。対バン最高!


スムルース
トリじゃないのかー、なんてちょっと残念に思ったのも束の間。
徳田くんが「オレたちのワンマン?」って聞いちゃう位の盛り上がり!

この日のイベントは、「ファンの人、前にどうぞ」的な空気がありまして、
各バンドが終わるとお客さんが立ち位置を入れ替わるイベントだったので、
私もスムルースの時はここぞとばかりに前方に移動致しました。
おかげさまで5列目ぐらいで見れました。

回陽くんの前あたりで見るのが好きなので、いつもスムルライブは
右のほうから見るのですが、あんなに前方で回陽王子を見たのは
久々でした。やっぱり格好いいですよねー。
普段はナカジファンの私も、あんなに近くで回陽くんの姿を見て
しまったらもう釘付けですよ。

セットリストは意外な内容でした。こんな感じ↓

・バラ色ダンス
・帰り道ジェット
・6月の天気予報
・スライドブルー
・非常にイェイね (逆さ書道は「オンガク」→「自由だ」)
・スーパーカラフル

逆さ書道で徳田くんが「自由だ!!」と叫んだときは
犬井ヒロシかと思いましたよ(笑)
お客さんもノリが良くて、徳田くんが「オンガクは!」と
叫べば「自由だー!!」と返していました。なんだか本当に
楽しいイベントでしたね。

スーパーカラフルでも、通常徳田くんがマイクから少し離れて
歌うところでも、お客さんが一緒に歌っていて、まるで本当に
ワンマンかと思ってしまいました。こんなにスムルファンって
いるんだーと思ったら嬉しかったです。
スムルースのみんな、そして、ライブを盛り上げてくれたお客さん、
本当に楽しいライブをありがとう!

(昨日のライブでスムルースが好きになったという方、
視聴したければこちらへどうぞ~。)


FUNKY MONKEY BABYS
最近よくTVで聴くので気になってたグループでしたが、楽しかった!
あんなに熱い男達だったとは!

6時に始まって、彼らの出番になった頃には9時を回って
いたでしょうか。「お客さんたちがちょっと疲れてる
みたいだから、オレも同じぐらい疲れてみようと思って」
と言って1曲目から汗だくになりながら歌ってくれました。
いいなぁ、ああいう熱い男って!

「Tシャツに、首にタオル巻いてるロック好きのお客さん、
帰らないで!熱いライブするから!」みたいなMCをして
ましたが、スカやロックのバンドのあと、唯一のHIP HOP
グループがトリっていうのを少しプレッシャーに感じてた
みたいですね。でもちゃんと最後には後ろの方に立ってた
お客さんまで巻き込んで会場がひとつになったので、
さすがだなと思いました。好きになりましたよ、私は。
楽しかったよー。ありがとう!

終わった頃には10時近くなってましたが、全く疲れを
感じないほど楽しいイベントでした。

余談:
クアトロって5階にありまして、そこから階段で外に出る
んですが、途中エレベータ前にナカジと回陽君を発見!
いつもはミーハーなことはしないように心がけているのですが、
昨日は思わず吸い込まれるように近づいてしまいました。

ナカジに挨拶してみようかと思ったんですが、サインを
ねだられたり写メ撮られたりで、あと一歩のところで声を
かけることは出来ませんでした。なーんだ、ナカジ人気
あるんじゃん!いつもモモラジヲにメール来ないって言う
から人気ないのかと思って頑張ってたのにー(笑)

ちょっとイジけ気味な私に、回陽君が爽やかな笑顔で握手
してくれました。王子は噂どおり、目がキラキラしてました。
これからは回陽ファンになろう(笑)

そんなこんなで、大興奮のゴールデンウィークでございました。

以上、KYOでした!

 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OLD、sooners、そしてseagulloop(ex.サラブレンド)

5月3日、横浜CLUB24に行って来ました。

seagulloopとsoonersの対バンです。
私たち夫婦がライブハウスに行くようになったきっかけを作ってくれた
バンドたちですから、本当に楽しみにしておりました。
2003年の秋、soonersや当時のサラブレンド(現在のseagulloop)、
そしてPHONESなど、桜木町駅前には実力あるバンドたちがフリーライブで
腕を競い合っていたのです。その2バンドと、現在猛プッシュ中のOLDが対バン
ですから、文句なしに楽しかったですね。

old

<セットリスト>
肌色の鐘
可憐
プラチナ
この世の果て
あめにもまけて

KJもひとつ前の記事で書いてますが、「肌色の鐘」と「可憐」で始まる
のは少々難解なセットリストに思いました。
札幌では古くからのファンが「うぉーっ」と盛り上がるのかもしれませんが、
アウェイの関東ではスタートから観客の心を掴むのは難しかったと思います。

その分と言ってはヘンかもしれませんが、「この世の果て」が盛り上がりましたね。
sooners目当てのお客さんも盛り上がってたように見えました。
ライブ後、CDが何枚も売れていくのを見てとても嬉しかったです。
ネギ君、ナイス物販でした!

sooners

soonersは一番多くお客さんを集めていたんじゃないでしょうか。
ストリートで鍛えたMCの巧さはさすがですね。
ライブの告知さえも熱く心に響きます。いいバンドだなぁ、やっぱり。
欲を言えば、もうちょっと歌を丁寧に歌ってくれたらいいのになと
いう感じでしょうか。

フライヤーに因ると、「ONE LOVE」という曲は、au LISMO無料ダウンロード
ランキングで7週間1位という記録を達成したそうです。

6月3日(日)には、KDDI DESIGNING STUDIOでフリーライブがあるそうですから、
これも要チェックですね。


7月1日(日)は、川崎ラチッタデッラでのフリーライブもあり。

seagulloop (ex.サラブレンド)

サラブレンドが突然解散してしまいかなり戸惑っていた私でしたが、
昨日の4人を見てなんとなく納得が出来ました。

直接的な説明はなくとも、昨日のライブで音楽を通して、彼らが
進みたい道というのを示してくれていたように思います。
メンバーの入れ替わりは残念ではありますが、
青葉君のMCからは、真摯な思いが伝わってきましたので、
これからも応援していきたいと思わせてくれました。

披露された楽曲たちはどれもインディーズ時代のサラブレンドを
感じさせてくれるものでした。メジャーデビューして曲風が変わって
しまったと残念に思っている方がいましたら、seagulloopとして
新たな道を歩み始めた彼らをぜひ一度観に行って見て下さい。
「夕暮電車」のような切ない曲がやっぱり彼らには似合います。

「東名阪横御挨拶廻りツアー」と銘打って、名古屋、大阪、渋谷と周るそう
ですから、サラブレンドを好きだった方はライブに足を運んでみては
いかがでしょうか。

以上、KYOでした。


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

OLDライブ@下北沢club251

さてさて、昨日(2007/5/2)行きましたOLDの下北沢ライブについて、簡単にレポってみましょうか。
まぁ、レポっていうほどのものでもないんですが。感想とか。

ライブのタイトルは、「251 presents ~ MIX? PHONEMICS!」だって。何かよくわかんないですね。まぁいいや。このライブプログラムは、
alcana、OLD、ChesterCopperpot、SPANK PAGE、ユリイカ、
の5マンの対バンイベントで、開始は19:00。5マンで19:00スタートだと、けっこうカツカツの押せ押せですね。最初っから。各アーティストの持ち時間は 30分、と決まっていたみたいです。

OLDの出番は、2番手。私、体調がベストというわけでもなかったので、実はこの番手、けっこうウレしかった。疲れたり後のアーティストが好みじゃなかったりしたら、さっくり帰れますから・・・。笑
翌日も、翌々日(MUSIC DAYです)も、ライブに行く予定だったので、なおさら好都合でありました。

で、どうしましょうかね。まずは観客の入り具合ですが、G/W中ということもあってか、はたまた5マンの対バンであることのメリットなのかもしれないですが、私が今までOLDを見てきた中で(主に下北沢ですが)、一番多かったです。club251 が7割方埋まるようなカンジで。いったい誰のファンなんだろうね。品川クンも、たくさんの人に聴いてもらえてすごくうれしい、みたいなこと、言ってました。アウェイ戦で観客の入りが多いって、ラッキーですよね♪初めてOLDを聴く人が沢山いる中でパフォーマンスできるわけですからね。

お次は、セットリスト。
・肌色の鐘
・可憐
・ドーナツ
・笑わないで
・あめにもまけて
全5曲。少な!!! ま、しかたないです。5マンですから。
個人的には、「この世の果て」とか「まぼろし」とかをやって欲しかった。アウェイ戦だからなおさら、わかりやすくOLDのテクをアピールできてキャッチイなヤツで攻めて欲しかった。「肌色の鐘」も、「可憐」も、じっくり聴くといい味の歌なんだけど、初OLDの観衆に、そこまで伝わるかな?難解じゃないかな?な~んて思ったり。

で、ライブの全体的な出来映えですが、今回は、辛口な評価をさせていただきます。
音響のセッティングがうまくなかった。スピーカーの音量調整が悪かったんだと思いますが、品川クンが声を大きく出せば出すほど、音が割れる。もう割れ割れです。耳がちょっと痛くなるし、肝心の歌詞が聴きとれない。品川クンの声質って、高音部ほど声が大きくなるじゃないですか。全身から声が出るかんじで。それとの相性が良くなかったなぁ、と。残念です。
今回のライブツアー、OLDの移動スケジュールもカツカツで、ライブしてその日に移動して、朝方に次の都市に到着、みたいな強行軍だったみたいなので、事前のリハや調整に十分時間がとれなかったんだろうな、とは思うものの、やっぱりそこだけはうまく詰めて欲しかった。観客の入りが多かっただけに、なおさら残念。。。

最後にMC。あまり多くは語りませんが、もっとアピールできたはず。「あめにもまけて」リリースをひっさげたライブツアーの一環であることとか、いろんな都市を車でまわっていることとか、言わなきゃいけないこと、たくさんあったんじゃないのかな?
大野クンが「2ヶ月に1度くらいは東京にライブしに来てるので、よろしければ」みたいなことは言ってましたが、翌日の横浜ライブのこと、ちゃんと言わないと!G/W中にライブに来ている人なんて、時間に余裕があって(←敢えてボカした表現にしてみる♪)音楽が大好きな皆さんに違いないんですから、明日も来てくださいってお願いすれば、何人かは来ると思うよ。あ~~。

なんか、最後は、KJ@シュレネコの辛口コーナーみたいになっちゃいましたが、期待が大きい分、ビシバシ言いますよ、みたいなノリです。去年の MINAMI WHEEL とか、「プラチナ」リリース後の函館ライブとか、いいヤツを観ているだけに、合格ラインが上にググッとあがっているのです。

そんなカンジで、レポを終わらせていただきます。あ、今日の横浜ライブも、行くつもりです。
Seagulloop の本拠地、横浜で、ガツンといわせてやってください。

では!

by KJ


 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログ J-インディーズへ にほんブログ村 音楽ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »