« KYO@シュレネコのミナホ日記(その2) | トップページ | KYO@シュレネコのミナホ日記(その3) »

KJ@シュレネコのミナホ日記(2日目-その1)

ヤベー、ヒマだ。
10/7(土)の午前中、私は大阪ミナミのとある街角で、どうしようもなくヒマを持て余していた。

この忙しい世の中で、ヒマを持て余すなんて、なんて贅沢なヤツだ、と思った方、誤解されては困るので、ちょっと説明が必要だろう。

仕事を休めるかどうかの兼ね合いで、今回のミナホ遠征ツアーは私が金曜日から参戦、ウチのヨメはん(KYO@シュレネコ)が土曜日から参戦、ということで、私の最初の1泊だけは、安めのビジホにしたので、この日の朝の10時には既にチェックアウトしていたのだ。
要は全ての荷物を背負って街中にほおりだされているわけで。

これがけっこうヒマなのよん。午後のライブが本番なので午前中に体力を温存しとかなアカンし、かといって飲食店を転々とハシゴするのもねぇ。


だいたい昨夜のスキップカウズのライブのせいで、あのタコ焼きが飛び交う衝撃的なシーンが脳裏に焼き付いたせいで、ショックが強すぎて昨晩ほとんど眠れなかったのだ。

スキップカウズのライブの時、なんばHatch にいらっしゃった方、いますか???


彼 ら 、 タ コ 焼 き 投 げ た よ ね ぇ ぇ え え ! ? ?


ちょい固の、ソースも何もかかってないタコ焼きじゃないぞ。
もっちゃりと柔らかそうな、ソースもマヨも、そしてきっとカツオブシもかかっていたであろう、あの丸い物体を、ビヨヨヨ~~~~~~~ン♪、と投げよったんよ。しかも、何個も、ね!

タコ焼きが飛んできたら、怖いゾ。ふだんウマいウマいと食ってる物体が、まるで鳥のフンか何かのように汚いモノのように思えてくるから不思議である。

・・・人間は、ふとタコ焼きを手にしたとき、「よし、投げよう♪」と思うものだろうか。
・・・・人間は、目の前にタコ焼きを持ったオニイチャンがいたら、「このオニイチャンは、タコ焼きを投げてくるかもしれない」と思うものだろうか。
・・・・・人間は、自分の方向にタコ焼きが飛んできたとき、キャッチしようとするのだろうか、それとも咄嗟に避けようとするのだろうか。
・・・・・・あのタコ焼きを思わずキャッチしてしまった場合、やっぱり食べないとマズいんだろうか。
・・・・・・・投げられたタコ焼きは、冷えてマズかったりしないのだろうか。

今まで30年以上生きてきたが、その間一度たりとも考えたことのなかった不思議な思考が、頭の中をぐるぐると駆け巡っていく。。。

・・・眠れない。体はほどよく疲れているハズなのに、頭の中がタコ焼きでいっぱいだ。

ここは大阪ミナミ。タコ焼きの聖地。そこで、私は、お腹の中ではなく、頭の中がタコ焼きまみれな感じで、眠れぬ夜を明かした。

そんなこんなで、ヘナヘナで、ヒマヒマな土曜日の午前中、時間はただゆっくりと過ぎていくのであった。


この日の午後のライブの話は、またお次の日記にて。しばしお待ちを。


では!

by KJ

 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

|

« KYO@シュレネコのミナホ日記(その2) | トップページ | KYO@シュレネコのミナホ日記(その3) »

★★ MINAMI WHEEL ★★」カテゴリの記事

ライブばなし」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

う~ん、どう縦横斜めに読んでも「食べ物を粗末にしちゃいけません!?」という言葉しか出てきませぬ・・・。
どうせ投げるなら小銭の方がいいですよね~(おい!)。

投稿: しゅぴる | 2006.10.10 22:15

ウケるんですけど(笑)

・・・人間は~  からの件が最高です。

投稿: YUKI** | 2006.10.10 22:17

で、スキカウのライヴは楽しかったんですよね?!
楽しかったんですよね?!
楽しかった・・・、しつこい???

投稿: シバエリ | 2006.10.12 01:07

スキップカウズ、私も観ましたが、
どこでたこ焼き投げてました???
気付かなかった・・・・
あのキャラはすごかったけど、
「赤い手」という曲で、
昔を思い出して泣けてきた。
その曲が802のヘビロだった頃、
確か私はまだ高校生で、
本気で802のDJになろうと思ってました。
そのときの熱い想いを思い出して、
懐かしい気持ちになりました。

で、たこ焼き、ですか・・・投げてたのか・・・

投稿: nana | 2006.10.13 01:08

しゅぴるさん、
そうです。食べ物は粗末にしては、いけませぬ。
タコ焼き投げちゃ、イカんだろう!!

YUKI**ちゃん、
アナタも、ぜひ一度、じっくり考えてみてください。
眠れなくなりますから♪

シバエリさん、
まぁ、楽しかったは楽しかった、ですよ。
タコ焼きが可哀想でしたが。

nanaさん、
タコ焼き投げてたの、気づかなかった?
会場中から、キャーって、悲鳴っぽい声がたくさんあがってたんだけど?

投稿: KJ | 2006.10.13 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/12228732

この記事へのトラックバック一覧です: KJ@シュレネコのミナホ日記(2日目-その1):

« KYO@シュレネコのミナホ日記(その2) | トップページ | KYO@シュレネコのミナホ日記(その3) »