« KJ@シュレネコのミナホ日記(初日-その2) | トップページ | KYO@シュレネコのミナホ日記(その2) »

KYO@シュレネコのミナホ日記(その1)

KJが初日のレポをあげてる途中ですが、ここで一旦割り込ませて頂き、
KYO的ミナホレポをアップさせて頂きます。

えー、KJは一足お先にミナミ入りしましたが、私はお休みがとれな
かった為10/6はひとりでお留守番でした。2年ぶりのミナホ参戦!!
ということで気合の入ったKYOが関東に記録的な大雨をもたらして
しまいました。雨女伝説、更新中。

翌朝、新大阪へ向かう新幹線の中では、KJと同じくシウマイ弁当。
新幹線に乗るときは必ず食べる我が家の定番駅弁です♪

さて、無事心斎橋に着き、地上に出るとみんなが雨宿りしています。
空は明るかったので、通り雨でしょうか。雨が降るとテンションが
上がる私にとっては嬉しいウェルカム・シャワーでした!

徒歩5分でホテルに到着。KJと合流。まずはチケットをパスに交換する
為ビッグステップへ。旅の疲れを癒すためにお茶しようとウロウロしてる
とブログつながりのお友達にばったり遭遇!嬉しい再会。

ミナホ・パンフを見ながらスケジュール確認をし、まずは16:15スタート
のさかいゆうを観にhillsパン工場へ。ここはシカプーがよくライブしてる
ので一度行ってみたかった場所です。客席後方で本当にパンを焼いていて
なんだかいい香りが漂っています。ライブハウスとは思えないほど清潔感に
溢れているし、とっても快適な場所でした。

会場は男性の方が多かったのが印象的でした。あと、年齢層も高い!
大人な空間でライブスタートです。

セットリストは

Midnight U...
月明かりのメランコリック
teenager
今日もウタう!

この後Bob Marleyの「Everything gonna be alright」のフレーズを
みんなで合唱。男性と女性とでちゃんとハモりましたね。
さかい君、嬉しそうで、こちらも笑顔に。

最後はダニー・ハザウェイの「Someday we'll be all free」のカバー。
彼が自殺した理由がスティービーより売れなかったからなんだって、と
話してから歌い始め、最後に日本語で「自由になれましたか?」と
語りかけるように歌ってましたね。あの瞬間、涙ぐんでしまいました。
さかいゆうは本物のソウル・シンガーです。

オフィシャルサイトはこちら
ブログはこちら


そんな訳で、私のミナホ初日は素晴らしく素敵な歌声からスタートでした!

長くなってきたので一旦ここでレポ終了。続きはのちほど。

以上、KYOでした。

 ←クリックいただけると元気が出ます♪♪

|

« KJ@シュレネコのミナホ日記(初日-その2) | トップページ | KYO@シュレネコのミナホ日記(その2) »

★★ MINAMI WHEEL ★★」カテゴリの記事

ライブばなし」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/12216587

この記事へのトラックバック一覧です: KYO@シュレネコのミナホ日記(その1):

« KJ@シュレネコのミナホ日記(初日-その2) | トップページ | KYO@シュレネコのミナホ日記(その2) »