« PHONESの新曲タイアップは誰ピカです | トップページ | KJ@シュレネコの2006年1月オススメsong 第2弾発表♪♪ »

2006年はPHONESにとっての勝負の年!?

PHONESは、来たる2/8に、ほぼ1年振りのCDリリースとなります。
「Eternal Ring」というミニアルバム。2005年は、2月にシングル
「Flavor of love」を出し、3月にフルアルバム「SOUL ON THE STREET」を
出し、それ以降パッタリとCDリリースが止まってしまいました。これまで
メジャーデビュー以降かなりの数のCDをリリースしながら、どれもさほど
ヒットしてこなかったこともあり、PHONESにCDをリリースさせるべきか
どうか、今まで以上に厳しいチェックが入るようになってしまったのかも
しれません(勝手な想像ですが)。
ま、ようやくのCDリリースですし、非常にいい曲ですし、Sing Like Talking
の藤田千章氏のサウンドプロデュースを得ての話でありますから、個人的
には期待度は大きいです(今度こそは、という意味で・・・)。
この曲のほかにも、「Tattoo」とか「A Drop of love」とか、音源化され
ていない持ちダマがいくつもありますんで、うまくタイミングを見計らって、
いい形で連続リリース~オンエア回数アップ~知名度アップ~売り上げ
ランキング入り~さらにオンエア回数アップ、という好循環に乗せていって
欲しいものです。こういった好循環は、1曲だけではそうそう作れない。
なぜなら、CDを予約して買う人の数が増えないと売り上げランキングは
アップしないワケで、いきなり世の中の多くの人に「PHONESのCDを予約してね♪♪」
なんて言っても、どうにもならんのである。「Eternal Ring」リリースは、
「お、PHONES?要チェックや!?」と思わせ、その次に出すCDを「予約しよう
かな?」と思わせるための下地であり、その下地としての効果を最大化する
ための戦略/戦術がどこまで練られているか、が勝負のキモである。TV系を含む
メディアにほとんど流れないようなら、これまでのCDリリースと大差ない結果
に終わるでしょう。これは予想ではなく、純粋に「必要条件」と「十分条件」の
話です。PHONES自身だけではなく、それをサポートするスタッフ(事務所、
レーベル等々)などなど全てをひっくるめて、の話ですが、とにかくどんな形で
あってもいいから、音源をメディアに乗せること、これに尽きます。
あとは、ライブパフォーマンスのムラっ気がちょっと気になります。2005年
下半期について言えば、調子がいいときと悪いときの差が、ちょっと激し過
ぎるキライがありました。プロのパフォーマンスを観たり聴いたりすること
を目的としてファンなり観客なりが集まってくるワケですから、そもそも
コンディションをある程度は整えてきて欲しいし、たとえ調子が多少悪くても、
その中でベストのパフォーマンスを絞り出して欲しい(この部分で、ファンに
ハラハラさせているようじゃぁ、、、というトコロですよ)。気分が乗らなく
ても、それを聴衆に見せない矜持、でしょうか。才能は「ある」だけではダメ
で、「活かしきる」ための基本姿勢、プロフェッショナリズム、ここにこだわ
って欲しい。歌詞飛びも、もうちょっと修正の余地があると思います。なんつっ
ても、自分が作った歌なんですから。
ま、それ以外の点は、徐々に良い形に向かっていっていると思いますので
(例えば、他のアーティストや業界関係者との関係づくり、とかとか)、
上記の点いくつかを気にするだけで、相当良くなると思います。ベースライン
部分の作曲のセンス/才能は秀でていると思うので、もし機会があれば、
他のアーティストに楽曲を提供する、なんてのも、アリかもしれません
(この際、最後の仕上げの編曲~サウンドプロデュースの部分は、他の方に
お願いしてしまっても良いかも!?)。
で、夢はデッカク持ちつつも、「地道にアウェイ環境での対バンライブを増
やす」とか、「O-EAST でワンマンライブを実現」、「夏フェス出まくるゾ!!」、
「MINAMI WHEEL では、シークレットゲストで招聘されてブリバリ演るゾ!!」
なんていう、現状を踏まえつつの段階を追った目標設定~実現も期待したい
ところです。

では!

by KJ

|

« PHONESの新曲タイアップは誰ピカです | トップページ | KJ@シュレネコの2006年1月オススメsong 第2弾発表♪♪ »

- PHONES - フォーンズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/8064700

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年はPHONESにとっての勝負の年!?:

« PHONESの新曲タイアップは誰ピカです | トップページ | KJ@シュレネコの2006年1月オススメsong 第2弾発表♪♪ »