« ヒマワリサン | トップページ | 演出のプロ »

BIGCATとの戦い(?)

さ~~て、MINAMI WHEEL 2005 ネタ、懲りずに続きますが・・・

今回の MINAMI WHEEL のスケジュール、まだいくつか空きスロットが
あるように見受けられるのですが、どうも、スケジュール最終確定版
発表済み、ということらしいです。

ふ~~ん、、、

もっともっと、アーティストかき集めようと思えば集められるのんと
ちゃいますのんかいな。。。出たいアーティストなんて、いくらでも
いると思うのですが。


で、で、空きスロット、これが結構クセモノになってしまいかねない、
と、そんなことに思いをいたして、一筆書かせていただく次第です。

ご存知の方にはご存知のとおり(?)、MINAMI WHEEL は、非常に多数
のフリーパスチケットが発行され、12会場のどれにでも自由に入って
ください、という形態なのですが、逆に言うと、人気アーティストの
出番なんかは、会場の収容人数を大きく超える観客数が殺到し、
あっさりと入場制限がかかったりします。その入場制限を回避せんが
ため、自分の目当てのアーティストの1つ前の出番から会場に入り込む、
などという超々高等テクニックが存在するため、アーティストからすれば、
自分自身の人気・集客力以外に、自分の直後の番手のアーティストが
誰か、なんていうのも、自分のパフォーマンスを観てもらえる人の数
に大きく影響するワケであります。労せずして(?)自分のファンで
ない人たちに自分たちのパフォーマンスを観てもらえるわけで、ご新規
ファン獲得の、このうえないチャンスといえましょう。

が、しかし、そこに「空きスロット」なるものが存在すると、事態は
大きく変わってきます。変わらざるを得ません。空きスロットの直前
の番手のアーティストからすると、純粋に、「そのアーティストの
ファン」と、「全体をさらっと見渡して、相対的にこのアーティスト
を観てみよっかな」というツマミ食い系観客(← いや、これこそが
MINAMI WHEEL の醍醐味なんですが・・・)の合計値が総観客数と
あいなるわけで、まさに自分自身との戦いでありまっす。


でも、戦うべきは、自分自身だけとは限りません。会場のキャパシティ
(=収容人数)、これが、状況次第では敵にも味方にもなり得ます。
簡単にいえば、自分自身の集客力を大きく超える大会場にアサイン
されると、ヘタをすれば「スカスカ感」に苛まれることになりかねない。

例えば「BIGCAT」。日本語で言えば、「大きな猫」。しかも収容人数
800名の「大箱」です。これは、決してあなどれない。きっと手強い。
「大きな猫」「大きな箱」なんだから、間違いない。
(← もうええっちゅうに♪)

去年は収容人数 300名の「DROP」で演ったPHONESですが、入場制限は
かからず、ほぼ9割程度の客入りでしたな。加藤ミリヤを観たかった
のに入場制限を食らってPHONESに流れてきた、なんて方々もいたと聞
きます(某大阪ラジオ局のDJさんとか?)。で、今年は「BIGCAT」。
去年の2倍の観客を集めても、まだ200名分以上の余裕スペースが残っ
てしまうかもしれない。どないすんねん。大丈夫やろか。もし何かの
間違いで250人くらいしか入らなかったら、650名分の「スカスカ感」
があなたを待っている!??1人が3人分頑張っても、まだ微妙に
足りない。

ま、さすがに、250人っちゅうことはないと思いますが。目当てが
いないのでとりあえずBIGCATにでも行くか、なんて人もいるでしょう
し。ツマミ食い系観客だって多少なりとも来てくれるでしょうし。

要は、こんだけでっかい箱でやらせてもらえるんやから、もっと
張り切って、当日会場に来てもらえる人数を少しでも増やすべく、
事前にあのテこのテを使って集客の工夫をした方がよろしいんと
ちゃいますのん?、と、そういうコトが言いたいワケでありまっす♪


なお、本記事を読んだ方の中で、今年の MINAMI WHEEL に行く予定
の方には、何かのご縁があったと思って一つだけお願いしておこう。
10/22(土)19:00 のスロットで、特に目当てのアーティストがいな
いようなら、騙されたと思って、とりあえず BIGCAT にでも行って
みてやってください♪

そんだけ。

では!

by KJ

|

« ヒマワリサン | トップページ | 演出のプロ »

- PHONES - フォーンズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/6175130

この記事へのトラックバック一覧です: BIGCATとの戦い(?):

« ヒマワリサン | トップページ | 演出のプロ »