« ふかふかスムルース | トップページ | ひさびさに、PHONES「夜風」がオンエア♪ »

サラブレンド・ニュース♪

さてさて、今年2月に「優しい光」でメジャーデビューし、
その後4月にミニアルバム「桜ヒラヒラ炎メラメラ」をリリース
した後、CDのリリースが続いてこなかったように見えた
サラブレンドですが、来る9月7日に、
2ndミニアルバム「君といた場所」
がリリースされるそうな。

楽曲の質は、かなり期待できると想定しております。
「桜ヒラヒラ炎メラメラ」だって、シングルを4回リリース
できてしまうくらいの高品質でしたが、今回も同じ路線で
勝負曲の合わせ技を狙っていく作戦でしょうか。。。


ですが、ちょっぴり心配なのが、リリースのしかた。。。
シングル→ミニアルバム→ミニアルバム
っていう出し方、メジャーの世界では、相当に基本のセオリー
から外しています。この世界、とにかくメジャーデビュー直後
は目立ってナンボ、なので、徹底的に名刺代わりにシングル
リリースを積み重ね、それをテコにメディアに露出しまくり、
そこそこ知名度が高まってきたところで、シングル4~5枚入り
のフルアルバム(タイトルは、アーティスト名そのまんまに
「サラブレンド」!)をガツンと出す、っていうのが、普通の
セオリー。

インディーズで何枚かCDを出しているアーティストの陥りやすい
「(マキシ)シングルよりも、ミニアルバムの方が、曲数が
多い分、自分たちのことをよくわかってもらえるのでは?」
という思考は、実は非常に危険です。この発想は、インディーズ
でしか通用しない。メジャーの世界では、とにかくテレビに
映らなければ話にならないし、そのテレビに映る資格のある曲
は、通常シングルのタイトル曲のみ、です。だからこそ、少し
でも多くメディアに露出するための基本の作戦として、シングル
を1~3ヶ月間隔で連続リリースするアーティストが多いワケで、
要は、1曲で勝負し、自分たちの「色合い」をキッチリ表現し、
勝ち切らなければいけない世界に既に身を置いているのです。
5~6曲の「合わせて一本」で自分たちの音楽を表現し、わかって
もらいたい、という考えは、厳しいかもしれませんが、的外れ
です。聴衆は、テレビをつけてパッと流れていた曲の中で、
「お、いいね♪」と思ったら、初めてCDショップで試聴して
くれるのです。しかも、多くの人は、全曲試聴してくれるワケ
ではなく、テレビで見たその曲と同じかどうか、を確認しつつ、
やっぱり良かったら、買う、という、いたってシンプルな行動
パターンが多い。

デビューしてから最初の2年間で知名度を十分あげておかないと、
非常にキビしい立場に置かれかねない業界ですから、その2年間
の中で出せるCDの数も、せいぜい10枚弱、でしょうから、CD
リリースの1回ずつが、無駄にできない貴重なチャンスです。
何とか、シングル重視の路線に舵を切り直して欲しいものです。。。

では!

by KJ

|

« ふかふかスムルース | トップページ | ひさびさに、PHONES「夜風」がオンエア♪ »

- サラブレンド - Thoroughblend -」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/5027496

この記事へのトラックバック一覧です: サラブレンド・ニュース♪:

« ふかふかスムルース | トップページ | ひさびさに、PHONES「夜風」がオンエア♪ »