« 海音(KANNON)ライブ ~ スムルース編 ~ | トップページ | KJ@シュレネコの2005年7月オススメsong 第3弾発表♪♪ »

映画「笑の大学」

三谷幸喜という脚本家が好きです。
今日、彼が脚本を手掛けた「笑の大学」をDVDで観ました。

彼独特のクスっと笑えるシーンが満載で、くだらなーい、と思い
つつでもこういうの好きなんだよね、なんて思いながら観ていました。
役所広司というのは、本当にうまい役者さんですね。

でも、稲垣吾郎も悪くないです。しかも、話が進めば進むほど、
稲垣吾郎が三谷幸喜に見えてくる。
TVに出てしゃべってる三谷さんて、口元だけが動いていて、
表情筋を使わないタイプですよね。でも目をきらきらさせていて。
そんなところが似ているような気がしました。

よくよく思い返すと、この映画は2人しかセリフをしゃべってい
ないのですね。もちろんもともとが2人芝居ですから、当たり前なの
かもしれませんが、映画化にあたって、他にもセリフのある登場人物
を持ってきてもよかったのに、あえてそこはチャレンジしている。
うーん。こんなにうまく映像化されるとは。心地よい仕上がりでした。

しかも最後の15分、まんまと泣かされてしまいました。
ひとりで観てるのをいいことに、ワンワン泣いてしまいました。
あんなエンディングになってると思わなくて。
いい映画です。おすすめです。

以上、KYOでした。

|

« 海音(KANNON)ライブ ~ スムルース編 ~ | トップページ | KJ@シュレネコの2005年7月オススメsong 第3弾発表♪♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/4881323

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「笑の大学」:

» 笑の大学 [AML Amazon Link]
笑の大学 [続きを読む]

受信: 2005.07.09 04:45

« 海音(KANNON)ライブ ~ スムルース編 ~ | トップページ | KJ@シュレネコの2005年7月オススメsong 第3弾発表♪♪ »