« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

SOUL ON THE STREETオフィシャルページ OPEN!

SOUL ON THE STREETオフィシャルページという
スペシャルサイトがオープンしてます。

竹本健一さんの熱いコメントも掲載中。
その他出演アーティストからのコメントや、BBSなども設置して
あり、結構格好いい仕上がりのサイトです。更新もしやすそう。
がんばれSOUL ON THE STREET 実行委員会!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「RENT」の再演希望

今週木曜日、「The Last Five Years」を観に行きます。
山本耕史が主演のミュージカル。
11月には「リトルショップ・オブ・ホラーズ」の主演も決定。
今の日本のミュージカル界には欠かせない存在となりました。素晴らしい。

その山本耕史、7/27放送の「徹子の部屋」のゲストでした。
確か数年前、三谷幸喜演出ミュージカル「オケピ!」出演時も呼ばれてい
ましたが、その時は得意の手品の披露に終始していたので今回は徹子
さんも反省したのかトークが中心でした。大河ドラマ「新選組!」の話も盛り
だくさん。

とは言っても、結局徹子さんの強いリクエストによりで輪ゴムの手品も披露
されたんですがね。徹子さん、「この方、本職なんですから!」なんて言って
スタッフの笑いを取ってました。もう、徹子さん、トーク番組なんですからトーク
して下さい!(苦笑)

さて、今回のトーク。

子役時代にミュージカル「レ・ミゼラブル」でガブローシュ役で注目された
ことにも徹子さんが触れてくれていました。「オケピ!」の話も出てましたし、
「RENT」は写真も披露され、彼が舞台俳優であることがしっかりアピールされ
る内容となっていました。

前回は確か「オケピ!」の公演中で、三谷さんがコメントを寄せるなど、舞台
の宣伝かと思わせるような内容だったのですが、今回は山本耕史を1人の
舞台俳優として捉え、トークが展開されていました。ファンとしては嬉しいことです。
ある意味、「あの徹子さんが認めてくれた!」という感じで。

ちなみに「RENT」については、かなりの時間が割かれていました。
「ボクがやりたいものはこういうことなんだな、と分かった」ミュージカルだった
そうで「今まだ出会ったことのないエンターテイメント性を感じた」と熱っぽく語っ
ていました。ブロードウェイでマーク役をやっていた「アンソニー・ラップ」とは
交流があり、NYに滞在するときは彼の部屋に泊めてもらうらしい。「そんな意味
でも、自分の中で、会うべくしてあった作品だ」と。彼にとって「レント」は大きな
存在なのですね。徹子さんもブロードウェイと日本での公演、どちらも観ていると
のことで、非常に好意的なトークの展開でした。

その「RENT」ですが、彼はまた日本で再演をしたいらしく、カメラ目線で「誰か
お願いします」と熱く語りかけていました。「絶対やるべきだと思っています」とも
言ってました。彼のやる気を感じ、嬉しく思いました。

2000年の来日公演「RENTジャパン・ツアー」で初めて観たときは、字幕を
見ながらだったせいもあり非常に難解な芝居という印象を持ちました。日本での
初演時もかなり盛り上がったようですが、今後再演となれば、何度か通いたいと
思います。

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHONESライブ 追加情報♪

@ぴあで「SOUL ON THE STREET」という名のライブを発見!!
ワンマンリターンズ?と思ったら対バンでした。
でもこのタイトルってことはPHONESの企画でしょうか?

念のため久々にオフィを見にいったらBBSにスタッフさんが書き込み
されてました~。やはりPHONESが主催とのこと!

「9/9が第一回で、定期的にライヴイベントを行っていきます。
PHONESにゆかりのあるアーティストさん達を呼んでライヴしたり
セッションしたりと盛り上げて参ります」
とのことですから、期待しちゃいましょう!

公演日:2005年9月9日(金) 開演:6:30PM 開場:6:00PM
会場: 表参道FAB
席種・料金: 立見・3000
発売日:2005/8/7(日)
出演:PHONES /ナチュラル ハイ/Reggae Disco Rockers [オープニングアクト]シオダマサユキ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHONESライブ情報♪♪♪

あちこちに散在しているPHONESライブ情報をかき集めてみました。
★基本的にオフィシャル情報ではないので、各自の責任でご利用ください。★


8/6(土)
【関東】川崎 ラ・チッタ・デッラ噴水広場(フリーライブ)
13:30~ / 15:00~

8/14(日)PIAZZA COLLECTION 3
【関東】川崎 CLUB CITTA'
17:00~  前売 \2,000 / 当日 \2,500 + ドリンク代\500
出演: PHONES / 石田匠 / 10,000 Promises. / SOLT / フジモトタカコ

8/29(月) シティOL夏祭り
【関東】信濃町 明治記念館
17:30~22:00  無料(応募抽選制) ← 応募はこちら♪
出演: PHONES / 木村佳乃 / Bugs Under Groove
※ 女性のみ、のイベントだそうです。男性は、、、どうすんだ?

9/18(日)
【関東】 原宿 Blue Jay Way
18:00~  前売 \4,500 / 当日 \5,000
出演: PHONES / アルケミスト / 土居康宏

9/27(火)
【名古屋】 名古屋 ハートランド
18:30~  前売 \2,800
出演: 湘南探偵団 / PHONES / 他


10,000 Promises. とか、アルケミストとか、湘南探偵団とかとか、結構
タイバン相手にも恵まれているように見えます♪♪ 楽しみですなっっ!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シティOL夏祭りにPHONESの出演が決定!

シティリビングの「シティOL夏祭り」にPHONESが出演です!
申込みは8月10日まで。お急ぎを。

イベントの詳細・応募方法はこちら

■日時/8月29日(月)、午後5時30分~10時
■会場/明治記念館
■参加費無料(ただし応募者多数の場合は抽選)


ちなみに、木村佳乃トークショー、Bugs Under Gooveのダンスショーもあり。
協賛各社のブースでは、新商品が試せたり、サンプルをゲットできるらしい。
海外旅行や車など、豪華賞品が当たる抽選会もあり。
盛りだくさんですね。

実はこのイベント、先日友人が「申し込んでおいたよ~」と
言って教えてくれたのですが、今日会社で隣の席の人にシティリビ
見せてもらって確認してきました。
PHONESの写真も大きく載っててちょっと嬉しかったです。

タイトルにあるとおり、「女性(OL)限定」だそうです。
なぜOLが括弧でくくってあるのかは不明。
そもそもどうやって「OL」かどうか調べるんだ?
っていうか、「OL」の定義って?私は「OL」かしら?
そのへんよく分かりませんが、皆さん奮って応募しましょ~。

以上、KYOでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新曲発売から1週間がたちました

スムルースの新曲「LIFE イズ 人生」はオリコン初登場第69位だった模様。
ちなみに前作「沈黙の花言葉」は最高75位(登場回数3回 )。
更にその前の「冬色ガール」は最高100位(登場回数5回 )。

徐々に上がってきておりますね。
実はもっと遡ってもうひとつ前のシングル「スーパーカラフル」を調べると
最高34位(登場回数4回)だったりしますが、ま、それはそれで置いてお
きましょう。今気にしなきゃいけないのは、今回のシングルが今後売り上げを
伸ばせるかどうか。

オリコンなんて、、、とか、音楽に順位はない!!とか、知名度は無くても
いいものはいいんだ!!とか、色々思いはしますが、なんだかんだ言って
やっぱり気になる売り上げ。

がんばれスムルース!

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝!!

今年1月になんとなく思い立って始めたブログ。
カウンターは4月末に付けたのですが、なんと本日めでたく
1万アクセスを突破!!実はさっき自分で踏んでしまいました(笑)

そして、メインのサイト「シュレディンガーの大きな猫」も
昨日2万アクセスを突破。確か去年、ちょうど1万を越えたところで
年越しだったので、7ヶ月でのべ1万人の方にアクセスして頂いた
ことになります。

誰かが読みに来てくれていると思うから頑張れるのです。
いつも遊びに来て下さる皆様、本当にありがとうござます。

今後ともシュレネコ、シュレ箱ともども宜しくお願いします!

KYO

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラジオ3「PHONESコーナー」7/27

本日の「Groovin'J」のレポ、早速いってみましょう!
なんと今回は香川のkateさんから情報頂きました!
お休みとられていたそうで、ネットで聴いたそうですよ。
ラジオ3は仙台のFM局ですが、ネットで聴けるのです。
最近のラジオというのはどこにいても聴けちゃうんですね。素晴らしい!

さて、素晴らしいと言えば、今回何が素晴らしいって、みなさん、
聞いて驚くなかれ。なんと、啓介さんからのメッセージが読まれたそうですよ!!

以下、kateさんのレポより。

------------------------
「突然のメールすみません。PHONESの安藤啓介です。いつも僕たちの
曲をかけてくださってると聴きました。ありがとうございます。
仙台には何度か行って、すごく素敵なところだと思っています。
早くそちらに行ってみなさんにお目にかかりたいです。仙台に行った時
は名所?など案内してくださいね」
------------------------

と、こんな感じだったそうです。あーもう、啓介さんたらやることが憎い!
感激のあまり、泣きそうです私。

そのほかメールを読まれたの下記の方々。

東京(だと思う)の○○さん
香川のkateさん
横浜のKYOさん(私です♪)

北海道のようこさんもお名前読まれたそうですよ!

ちなみにオンエアはkateさんのリクエストから、「8mmフィルムに映る
終わることのないドラマ」だったそうです。

PHONESにもちゃんと私たちが応援してること、伝わってるようですね。
なんだかとても嬉しい。俄然やる気が増してきましたよ!(現金な私(笑))

kateさん、情報ありがとうございました!(kateさんのサイトはこちら)

DJのいがりさんにも感謝!ありがとう~!

以上、KYOでした。

---
ラジオ3のサイトはこちら(「message」からメールが送れます)
うまく送れない方は、762@radio3.jp へ直接どうぞ。

※「Groovin'J」は がアーティストをゲストに迎えて送る
ラジオ3唯一のJ-POP専門番組。水曜日にDJいがり大志さんが
PHONESコーナーを作ってPHONESを応援して下さっています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

気になるライブ in 大阪

そうとう気になってるけど、何しろ開催地が大阪。遠征しなきゃ
いけないということで、悩んでおります。しかも平日だし。

まずは「LIFE SIZE ROCK 05 @NAMBA Hatch」。この組み合わせを
みてくださいな。行きたくなるに決まってます!

9/9(金) 馬の骨 / SOFFet / 風味堂 / bonobos
9/10(土) GOING UNDER GROUND / TRICERATOPS / フジファブリック
(ほんとは9/11もあります。ただ私の守備範囲じゃない・・・)

そして、もうあの初遠征から1年が経とうとしているのです。
そう、MINAMI WHEEL!今年の開催日程は10/21から10/23の3日間。

12ヶ所以上のライブハウスに200バンド以上が出演するというビッグ・イベント。
現在のところ出演が決まってるアーティストの中で私が気になるのは
湘南探偵団、ANATAKIKOU、高鈴、タカチャあたりでしょうか。

去年の出演アーティストを改めてみてみると、いかに豪華なイベントかが
分かります。それなのに、1日あたり3千円を切る安さ。さすが大阪!

さてさてそんなMINAMI WHEEL 2005。今年も風味堂は出るのでしょうか。
気になりますね。そしてPHONESは?
情報が入り次第アップしていきますのでお楽しみに~。

ちなみに去年の私たち夫婦のハジケっぷりはこちらで確認できます♪

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・クリンゴン・ニュース♪♪♪♪♪

超レアモノのPV、Clingon の 「Star」が、ついに VMC でオンエア、
です!!!!!!!!!!

Star
V-R DAYTIME JAPAN
2005/07/26 13:00~14:00


先日突発的に実施いたしました
「我が家の iTunes 再生回数ランキング」
で、堂々の1位を獲得した、という、栄誉ある(?)1曲でございます。

めっちゃいい曲なので、録画してでも、聴いてみてください。
なんつって♪

では!

by KJ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スムルースがオンガクのDNAに出演 (7/25)

番組冒頭の生演奏は、新曲「LIFE イズ 人生」でした。
いやぁ、熱い!熱すぎる!目の前にお客さんいる訳じゃないのに
あそこまで盛り上がるスムルース、只者じゃない。
TVなのに、歌い終わった徳田くんは汗びっしょり(笑)

司会のシュウさんによると、徳田くんたらライブ中に6針縫う
ケガを顔面に負ったこともあるらしい。熱いライブが好きな方、
スムルースをオススメいたします!

ちなみに、恒例の習字パフォーマンスもありました。
コマーシャル直前、サインペンを使って「DNA」を一瞬で「夢」へ変身!

トーク時にも即興で、司会の女性の名前から「ユミ」→「愛」も
やってみせた徳田くん。だんだん見るほうもコツを掴んできたので、
上下逆にする前に見えるようになりましたよー。でもやっぱり毎回感動。

後半の生ライブでは、「沈黙の花言葉」をしっとり歌い上げてました。
元気がいいだけじゃない、トークが面白いだけじゃない。
ちゃんと聴かせるバンドってことをアピールできました。拍手!

ちなみになんですが、この番組の音楽情報のコーナーで、昨日ランド
マークで行われたDEPAPEPEのフリーライブの様子が紹介されていました。
そう、あのPHONESも以前やったあの場所です。なんと今回3千人もの
人が集まったらしい。うーむ、さすがです。

以上、KYOでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

じっくり、待ってみる・・・?

最近、PHONESが、東京近辺以外のエリアでほとんどライブを
やっていないこととか、次のCDリリースの話がとんと聞かれない
こととか、PHONESオフィBBSが荒れてしまって盛り上がらなく
なっていることとか、いろいろフラストレーションが溜まり気味
のPHONESファンが多かろう、と想定しておりますが、皆さん、
いかがでしょうか。


実は、私的には、現在の状況、あまり悲観しておりません。
むしろ、今までの延長線上の活動をズルズルと続けることの方が
長期的に見てロスが多い話であり、今は、「第2期のPHONES」に
脱皮する直前の「サナギ」の時期なんだろう、と思います。
今すぐ飛び立つことはできないが、遠からずそうなる日が到来
し、現在はそのための準備に時間と労力と熱意を注ぎ込んで
いるのであろう、と。

私自身、既に「東芝EMI所属のPHONES」はここまでかな、と思い
ます。別に、どちらがどう悪い、という話ではなく、相性的に
これ以上の発展は、きっとない。東芝EMIは、売れていないアー
ティスト一人一人を手塩にかけて育てるようなスタンスのレコ
ード会社ではないし、逆にPHONESは、アーティストを手塩にか
けて育ててくれるような熱い思いを持った人に支えられた方が
大きく伸びるタイプである。

そして、そういうスタンス(育てる系?)のレコード会社だって
世の中には存在するワケで、PHONESを「金の卵」だと気づいて
おり、その卵をぼちぼち東芝EMIが手放すつもりなら、ウチが
拾ってガツンと売り出してやろう、なんて思っている、かも
しれないワケである。もし既に何らかの形で接触が始まって
いるとしたら、
「いまから1ヶ月以内に20曲以上作ってデモテープを持って
来なさい。」とか、「事務所に頼ってばかりいないで、他のアー
ティストとか業界関係者とのつながりを深めるために自分自身
で何ができるか考えて、実行に移しなさい。」とか、「PHONESと
一緒に仕事をしたい、と思われるために、自分がどうあるべき
か、について考えなさい。」とかとか、いろいろな指導・アドバ
イスなんかも受けていそうなモンである。なんか、それっぽい
兆候、なんとなく見えるような気がしませんか?

そんなこんなで、勝手な想像を膨らませて勝手に盛り上がって
みましたが、私は、そう遠からず「第2期のPHONES」にお目に
かかれるような気がしていて、そのときの最初の勝負曲が
「Tattoo」なのではないかな、なんて思っていたりします。

あくまで、個人的な、勝手な想像ではありますが。

ってなワケで、現状にあまり過敏に反応して疲弊してしまうの
ではなく、ここは一発、じっくり待ってみませんか?、な~んて
思ってみたりして。


あ、あと、PHONESが3rdシングル「8mmフィルムに映る終わる
ことのないドラマ」を敢えてインディーズから出したときの
レコード会社、「AtoNO Records」っていうんですが、その
会社、いつの間にやら、「メジャーレコード会社」にステップ
アップしたそうな。「AtoNOからCDを出す」=「インディーズ」
という図式では、既になくなっているようで♪♪


では!

by KJ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サザエさんx三谷幸喜

今日のサザエさん、三谷幸喜脚本が一本ありましたね。
事前に三谷さんのファンサイトでウワサになっていたので、
久しぶりにサザエさんを見てみました。
今回のための書き下ろしかと思っていたら、昔書いたものでしたね。

タイトルは「妹思い兄思い」でした。
サザエさんと舟さん風邪で倒れてしまい、ハイキングに行く
カツオ君のためにワカメちゃんが朝早く起きてお弁当を作ります。
ところが一緒にハイキングに行った女の子たちが沢山お弁当を
作ってきてくれ、自分のお弁当を食べそびれるカツオ君。
そのまま持って帰っては妹に悪いと、公園で食べてから帰る、
という筋でした。

あまり三谷さんぽくない(笑)ほんとはもっとドタバタにしたかったのかも?
なんて思いました。

嬉しかったのが、カツオ君やらワカメちゃんの声が昔のものだったこと。
とても懐かしかった!こどもの頃家族みんなで見ていたことを思い出しました。

ちなみに私は三谷幸喜さんの情報はほとんどMiANiX!という携帯サイトで
入手しています。情報が非常に豊富。メルマガも発行されていて、
三谷ファミリーの情報がタイムリーに届きます。おすすめ!
三谷幸喜監督映画第3弾「THE 有頂天ホテル」ももうすぐ製作発表
とのことなので、要チェックです!

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これまたひさびさに、PHONES「8mmフィルムに映る終わることのないドラマ」がオンエア♪

日付が変わってしまったので今日の話ですが、これまた超々ひさびさに、
PHONESの「8mmフィルムに映る終わることのないドラマ」が、
スカパー!732ch VMCにて、オンエアです。

8mmフィルムに映る終わることのないドラマ
V-R WEEKEND JAPAN
2005/07/24 13:00~15:00


7/20 の「夜風」オンエアに引き続き、ですね♪
やっぱ、「オンエアは自力で勝ち取るもの!?」なのです。
ただ待っていても、どないもならんときはどないもならんので、
地道にコツコツといっときましょ。。。

では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KJ@シュレネコの2005年8月オススメsong♪♪

はいはいっっ!8月のオススメsong 発表です。今月の要チェックは・・・!??

じゃじゃん♪♪

・TRIPLANE 「ゲンジボタル」  ← ★★★MINAMI WHEEL 出演アーティスト★★★
・laica breeze 「summer of love」  ← ★★★MINAMI WHEEL 出演アーティスト★★★
・azumi 「Kick up Kiss」
・つばき 「もうすぐ」
・Mellowhead 「滑走路」
・フジファブリック 「花屋の娘」


TRIPLANE は、曲調が全体的にミスチル的ですね。ミスチルのフレッシュマン
バージョンってなカンジ??だけど、顔は、サラブレンドの青葉クンに
ちょっとアゴヒゲを生やして、目を若干タレ目気味にして、性格をカラリと
明るくしたようなカンジです♪ って、同意してもらえるでしょうか。。。
顔の全体的な雰囲気は、結構似ていると思うけど。歌もウマいし♪♪
あと、夏は徹底的にサワヤカ系の曲で、という方には、laica breeze を
オススメします。この方々も知名度的にはマダマダだけど、独自の味を
出して頑張ってます。

では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フト思ったこと。。。

PHONES って、これまで、

2003.08 Givin' you my love [1st Mini Album]
2003.11 Talk about tonight [2nd Mini Album]
2004.01 ひとりじゃない [1st Single]
2004.02 漂流SOUL [1st Full Album]
2004.07 夜風 [2nd Single]
2004.11 8mmフィルムに映る終わることのないドラマ [3rd Single]
2005.02 Flavor of love [4th Single]
2005.03 SOUL ON THE STREET [2nd Full Album]

ってかんじで CDリリースしてきましたが、

2003.08 Givin' you my love [1st Single]
2003.11 Sweet snow [2nd Single]
2004.02 小窓Funk [3rd Single]
2004.05 夜風 [4th Single]
2004.08 "PHONES" [1st Full Album]
2004.11 8mmフィルムに映る終わることのないドラマ [5th Single]
2005.02 告白 [6th Single]
2005.05 Tattoo [7th Single]
2005.08 SOUL ON THE STREET [2nd Full Album]

ってなかんじでリリースしてたら、もっと売れてたんじゃぁ
ないか、なぁんて、フト思ったので、フト書いてみました。

では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風味堂ワンマン@渋谷CLUB QUATTRO 7/21 (長めレポ)

私が毎日覗きに行ってるサイトの管理人さんたちも実は
昨日の風味堂ワンマン参加されてたんですねぇ。
そうですか、あの700人の中に皆さんいらっしゃたんですね。
なんだか不思議な気分。

さて、私が感じたことも書き留めておきますか。

まず、ワンマンならではの演出について。

<照明>
渋谷クアトロは、左に寄り過ぎると柱が邪魔でステージが見えない。
逆に右に過ぎると今度はステージ上手が見切れてしまう、ということを
4月のPHONESのワンマンで学んでいたので、今回は後方の一段高く
なっている場所を確保してみました。
っていうか、整理番号が悪くて後ろにしか場所が無かったんですけど(笑)
おかげさまで、トリくんもかっちゃんも渡くんもばっちり見えました。ほっ。

で、何が言いたいのかといいますと、ステージ全体が見渡せたので、
照明など、演出も堪能できたのです。今回、曲のイメージに合わせた
照明の演出が非常に良かったと思うのです。いいスタッフがついてますね、
風味堂。ワンマンなので各地一緒に周ったと言ってましたね。
やはりワンマンは普段のイベントとは質が違いますね。
ほぼ暗転状態の中、やわらかいオレンジの小さなライトだけでバラードが
歌われたときの興奮は、よい芝居を観たときの感動に似ていました。

<渡クンのソロ・ステージ>
さて、そのバラードの話。トリくんとかっちゃんが静かに退場し、
ピアノのみで「Rainy Day」「ねぇ愛しい人よ」を歌い上げる渡くん。
お客さんが息を詰めてじっと聴き入ってましたね。
あんなに切ない気持ちになったライブは初めてでした。
こういう演出もワンマンならでは。
その後、気づくとベース音が。静かにトリ君が加わり、気づけば
かっちゃんもステージに再登場。こういうバランス感覚が風味堂は素晴らしい。

<1万人>
アンコールでは待ちに待った「ゆらゆら」。
私はこの曲が聴きたいから風味堂ライブに行ってるようなもの。
これを聴かなきゃ帰れない。で、今回はこれを聴いてもまだ帰る気がしない。
一度は鳴り止みかけた拍手もまた盛り上がり、風味堂の3人が2度目のアン
コールに応えて再登場。ただし演奏はなく、3人の挨拶で締めくくられました。

中でも印象的だったのがかっちゃんの一言。
「今日はここに700人近くの人が集まってくれていて、
それはいきなり集まった700ではなくて、ひとり、ひとりがいてくれて、
それだけの人数になった。これが1万人のステージができるように
なったとしても、そのひとり、ひとりのことを忘れたくない」というような
内容でした。

やっぱりこの3人はもっと大きなステージに立つことを目指しているんですね。
1万人ですって。今の10倍以上のステージですよ。
なんだか3人がちょっと遠く感じた瞬間でもあったけれど、ここまできたら
行けるとこまで行ってほしい。卒業式的センチメンタルな気分で会場を後にしました。

<客層>
最後にお客さんの印象について。想像以上に年齢層が高かった!先日行って
きたHOME MADE 家族のライブではエラく浮いてた私も今回はばっちり溶け込
めました。母娘で来ている親子連れも多し。男性客もかなりいましたね。
「トリくーん☆」とか叫んでいる子もほとんどいない。(これはちょっと意外)

全体の印象としては、ライブ慣れしてない感じのお客さんが非常に多かった
気がします。「この曲ではこのフリ」みたいな空気もない。ノリノリで踊ってる
人の方がむしろ少ない感じで、ほんとにみんなファンなのか?と少し心配に
なるほど。でも「ナキムシのうた」になったらみんな一緒に歌ってたので、
ひと安心。最近気になるバンドなので初めてライブ来て観ました、というお客
さんが多かったように感じました。これまた「売れてる」証拠なんでしょう。

という感じで、後方からライブを観るとまた違った視点でライブを楽しめること
を発見した一日でした。

短くまとめるつもりが長くなってしまいました。ここまで読んでくださった方、
ありがとう。

以上、KYOでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風味堂ワンマン一言レポ

えー、先ほどライブより帰ってきました。

今回は妹と行って来ました。遠慮がいらない人とライブ行くって
楽しいですね。妹も風味堂は何度か体験済みなので、
とくに説明も必要なし。しかも妹なので(?)、彼女がライブを
楽しんでるか、なんてことはあまり気にせず自分だけ満喫して
きました(笑)でも満喫しすぎてあまり内容を覚えてません・・・。

しかもその後の食事はライブと全く関係ない話をして盛り上がって
しまったので、もう風味堂気分がすっかり抜けてしまいました。

という訳で、今日のところは一言だけ。

何しろビックリしたのが、クアトロ前で待っていたときに
「チケット余ってない?買うよ、買うよ」というオジサンたちが
何人もいたこと。ええ、知ってます、違法なことは(笑)
でもやっぱりちょっと感動。風味堂ってそこまで大きくなったのね!
なんて。思ってしまいました。

あと、トリ君がパーマかけてました。感想は・・・ノーコメントで(笑)

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の iTunes 再生回数ランキング発表♪♪

はっきりいって、誰にとっても何の意味もないランキングです。
でも、発表したいので発表します。じゃじゃん♪♪

1. Clingon 「Star」 103
2. Sooners 「Lalala」 73
3. スムルース 「冬色ガール」 70
4. サラブレンド 「夕暮電車」 65
5. ELLEGARDEN 「Bored of Everything」 62
6. サラブレンド 「低温火傷」 57
7. サラブレンド 「ピストル」 56
8. 音速ライン 「スワロー」 52
9. ELLEGARDEN 「Missing」 51
10. ELLEGARDEN 「モンスター」 49
10. フジファブリック 「銀河」 49
12. PHONES 「夜風」 48
13. Sooners 「誰かにとって」 46
13. スムルース 「スーパーカラフル」 46
15. PHONES 「Holiday」 45
16. ELLEGARDEN 「虹」 42
16. サラブレンド 「八月ブルー」 42
18. Clingon 「真冬の恋人」 41
18. ELLEGARDEN 「Red Hot」 41
20. スムルース 「スライドブルー」 40
20. レミオロメン 「モラトリアム」 40


昔突っ込んだ曲の方が、最近の新曲よりも当然累積再生回数多いし、
そもそもCCCDの曲はiTunesに入ってないし、そんなこんなで、
再生回数が多い方が、少ない曲と比べてどうこう、ということには、
本当に何の意味もないです。。。

では!

by KJ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひさびさに、PHONES「夜風」がオンエア♪

明日の話ですが、超ひさびさに、PHONESの「夜風」が、スカパー!732ch VMC
にて、オンエアです。

夜風
V-R EVENING JAPAN
2005/07/20 18:00~20:00


なんか、ものすごくひさびさな気分です。
最近リクっても報われない日々が延々と続いていたので、ヘコたれるかと思ったよ。
皆さんは、どうですか?ヘコたれてませんか?(← どんな質問や!!)

同じ番組の中で、湘南探偵団「心のルーペ」も流れます。
湘南探偵団のファンなら、「夜風」に反応してくれる、かも???

では!

by KJ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サラブレンド・ニュース♪

さてさて、今年2月に「優しい光」でメジャーデビューし、
その後4月にミニアルバム「桜ヒラヒラ炎メラメラ」をリリース
した後、CDのリリースが続いてこなかったように見えた
サラブレンドですが、来る9月7日に、
2ndミニアルバム「君といた場所」
がリリースされるそうな。

楽曲の質は、かなり期待できると想定しております。
「桜ヒラヒラ炎メラメラ」だって、シングルを4回リリース
できてしまうくらいの高品質でしたが、今回も同じ路線で
勝負曲の合わせ技を狙っていく作戦でしょうか。。。


ですが、ちょっぴり心配なのが、リリースのしかた。。。
シングル→ミニアルバム→ミニアルバム
っていう出し方、メジャーの世界では、相当に基本のセオリー
から外しています。この世界、とにかくメジャーデビュー直後
は目立ってナンボ、なので、徹底的に名刺代わりにシングル
リリースを積み重ね、それをテコにメディアに露出しまくり、
そこそこ知名度が高まってきたところで、シングル4~5枚入り
のフルアルバム(タイトルは、アーティスト名そのまんまに
「サラブレンド」!)をガツンと出す、っていうのが、普通の
セオリー。

インディーズで何枚かCDを出しているアーティストの陥りやすい
「(マキシ)シングルよりも、ミニアルバムの方が、曲数が
多い分、自分たちのことをよくわかってもらえるのでは?」
という思考は、実は非常に危険です。この発想は、インディーズ
でしか通用しない。メジャーの世界では、とにかくテレビに
映らなければ話にならないし、そのテレビに映る資格のある曲
は、通常シングルのタイトル曲のみ、です。だからこそ、少し
でも多くメディアに露出するための基本の作戦として、シングル
を1~3ヶ月間隔で連続リリースするアーティストが多いワケで、
要は、1曲で勝負し、自分たちの「色合い」をキッチリ表現し、
勝ち切らなければいけない世界に既に身を置いているのです。
5~6曲の「合わせて一本」で自分たちの音楽を表現し、わかって
もらいたい、という考えは、厳しいかもしれませんが、的外れ
です。聴衆は、テレビをつけてパッと流れていた曲の中で、
「お、いいね♪」と思ったら、初めてCDショップで試聴して
くれるのです。しかも、多くの人は、全曲試聴してくれるワケ
ではなく、テレビで見たその曲と同じかどうか、を確認しつつ、
やっぱり良かったら、買う、という、いたってシンプルな行動
パターンが多い。

デビューしてから最初の2年間で知名度を十分あげておかないと、
非常にキビしい立場に置かれかねない業界ですから、その2年間
の中で出せるCDの数も、せいぜい10枚弱、でしょうから、CD
リリースの1回ずつが、無駄にできない貴重なチャンスです。
何とか、シングル重視の路線に舵を切り直して欲しいものです。。。

では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふかふかスムルース

この前、海音(KANNON)にスムルースとPHONESを見に行ったとき、
グッズの販売準備をしていたスムルースのスタッフが、読みかけの
文庫本をテーブルに置いていました。村上春樹の「世界の終りと
ハードボイルド・ワンダーランド」でした。

相当読み込んでるようで、かなりボロボロ。ちょっと不思議だった
ので、印象に残ったのですが、その謎が解けました。

スムルースって、つい最近までネットでリレー小説やってたのですね!
その名も「フカフカの海」。そう、恐らく村上春樹の「海辺のカフカ」を
もじってるのですね。なるほど、読んでみると村上春樹風。

メンバー4人でリレー形式で小説を書いているので、ひとによって
言葉づかいが若干違いますし、いきなり視点が変わったりするのです
が、なかなか面白い小説に仕上がっています。徳田くんの文章力は
さすが、という感じですが、小泉徹朗もなかなかなもの。
スムルース、惚れ直してしまった!

ちなみに2月にスタートして6月で終了し、現在はあとがき篇に入ってます。
興味ある方はこちらから。

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま、Mellowhead ライブが、M-ON で生中継中!

まさに、今、Mellowhead が、スカパー!731ch の M-ON で、
ライブやってます。

キーボードのサポートに、Clingon の木村クン、きっちり入ってます。

ご興味ある方は、M-ON へ、Go!!!

では!

by KJ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KJ@シュレネコの2005年7月オススメsong 第4弾発表♪♪

夏らしい曲が、次から次へとリリースされてきております、
ので、7月のオススメ第4弾、発表でっす♪

・HOME MADE家族 「少年ハート」
・スムルース 「LIFE イズ 人生」
・SINGER SONGER 「ロマンチックモード」
・WRONG SCALE 「trace of grief」
・サスケ 「輝く明日の方へ」
・PHONES 「Givin' you my love」


HOME MADE家族、きっと、今の勢いでガンガン行けば、そう遠からず、
武道館、本当に行ってしまうのではないか、と思う今日この頃です。
スムルースも、そろそろいいカンジに追い風が吹いてきましたかね。
結構季節感にこだわって新曲をリリースしているあたり、秋や冬の
展開も含めて、楽しみであります♪♪

では!

by KJ

| | コメント (4) | トラックバック (3)

たまにはニュースネタ♪

成田空港の暫定B滑走路の延伸問題で、成田国際空港会社の社長は15日、
国土交通相に会い、滑走路南側の反対派地権者らとの用地買収交渉に見通し
が立たないとして、
「本来計画とは逆に北側に延伸して2500メートル化する案を採用したい」
との考えを伝えた。

・・・って、ニュースを、今朝、テレビで見ました。

ま、要は、手短に言えば、
「滑走路を南に伸ばそうとしたけど、うまくいかないので北に伸ばします。」

ってことですな。この画期的な案の採用によって、山積していた全ての問題
がキレイに解決、ってことだそうな。いやぁ、解決法って、真剣に探せば
見つかるモンですね。。。

ついつい、ニュースに反応して「今まで何やってたんや」、とつぶやいてし
まいましたが、世の中そんなに単純でないことは私だって重々承知。当初の
計画がマズかったので、計画を変更するために追加でお金を使わせてください、
なんて口が裂けても言えないのが会社ってモンであり、当初計画どおり万事
ウマくいきました!、とアピールし続けられる人がどんどんエラくなって
いくのが会社ってモンである。当初の計画が間違っていました、ごめんなさい、
なんて正直に認めてしまうタイプの人は、そんなにエラくなったりはしない。
別に不思議なことでも何でもなく、昔からそんなモンでしょう。


ま、そんなことはさておき、要は、このニュース、突っ込みどころが満載
なのである。本質的には、
「右折したかったんだけど、通行止めだったのでやむなく左折しました。」
的な意味合いしか持たないのに、なんでこれがニュースなんですかね、とか。
いや、計画を変更したことが、ニュースなんだろう、とか。ただ引っ込み
がつかなかっただけなんでしょ?、とか。今までの計画がマズかった責任は
誰がとるんだ、とか。用地を買収させまいと頑張ってきた抵抗勢力(?)
の立場はこれからどうなるんだ、とかとか。

でも、別の観点で言えば、「こんなことがニュースになってしまう日本」
が突っ込みどころ満載なのであり、「こんなことをニュースに仕立ててしま
おうと考えるマスメディア」だって、突っ込みどころ満載である。
もっと大事なニュース、いくらでもあるでしょうに、そこで敢えて滑走路。

要は、たまにはこんなオカシナ話でも混ぜておかないと、あまりに暗すぎる
世の中なワケで、メディアも突っ込まれることは百も承知で出してきた
一発勝負ネタである。私がこれだけ反応している、って時点で、一発勝負
には、勝っているんでしょう、きっと。


私の中では、
・地球温暖化が進みすぎたせいでネクタイをしなくて良くなった日本の
 サラリーマンの話
・国際鯨委員会で日本が「鯨を捕らせろ!」と頑張りすぎたせいで、逆に
 鯨が激増して魚が激減した話
・昔、国策で杉の木を植林しすぎたせいで、花粉の飛散量が爆発的に増え、
 手術用マスクなしでは過ごせなくなった日本の春の話

の次、くらいにヒットしたトピックでありましたとさ。めでたし、めでたし。

では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ3「PHONESコーナー」7/13

なんと、今週のGroovin'J情報が早速届いております!
先週と同じく札幌のようこさんより情報を頂きました。ありがとうございます!
(仙台でアナウンサーされてる弟さんがお仕事(楽天vs日ハム戦)のため
札幌にいらした際にMDを届けて下さったそうです。
どうも有難うございました。くれぐれも宜しくお伝えください。)

さて、今週はゲストが3組と多かったため、通常5時半ごろから
流れるPHONESコーナーはエンディング(6時近く)に流れたようです。
メールが読まれたのは、ようこさん、kateさん、私。

私のメールは先日の七夕ライブ@海音(KANNON)の報告でした。
リクエストした「Ice cream」をバックに読まれたとのこと。嬉しい~。
雷と夕立を巻き込んでのIce creamはとても印象深いものだったので
そんな報告をいがりさんにしてみたのでした。
その海音がある逗子ですが、いがりさんのご出身地平塚から
そう遠くないのです。現在は仙台にお住まいのいがりさんも
「逗子」と聴いたら懐かしいのでは?なんて思ってメールしました。

kateさんはTHE BOOMのライブに行ったことをメールされたのですね?
番組のエンディングが近づいていて読みきれなかったようで、翌日の
番組で紹介しますとおっしゃってたそうですよ。

という訳で、まだまだ続いております、PHONESコーナー。
そろそろゲストでPHONESに出演してほしいなぁ。。。なんて。

以上、KYOでした。

---
ラジオ3のサイトはこちら(「message」からメールが送れます)
うまく送れない方は、762@radio3.jp へ直接どうぞ。

※「Groovin'J」は がアーティストをゲストに迎えて送る
ラジオ3唯一のJ-POP専門番組。水曜日にDJいがり大志さんが
PHONESコーナーを作ってPHONESを応援して下さっています。
ネットでも聴ける番組です♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラジオ3「PHONESコーナー」7/6

7/6のラジオ3「Groovin’J」情報です。
(今回はなんと札幌のようこさんより情報頂きました!ありがとうございました)

オンエアされた曲は、札幌のようこさんとご友人○○○さん(もちろん
PHONESファン!)のリクエストから、「Feel so lonely」だったそうです。

ようこさん、7/5が結婚記念日だったんですね?
ご結婚される前一年ほど遠距離恋愛されてたそうで、ようこさんへの
プレゼントとしてこの曲がかかったそうです。素敵~♪

さて、大阪のまことさんのメールも読まれたそうで、いがりさん
「メールが続くかぎりPHONESかけ続けます」とおっしゃって下さったよう
ですよ。なんて嬉しいんでしょう!3月から続いているこのコーナー、
もう4ヶ月たったんですね。みんな(と、いがりさん!)の努力の賜物!

ちなみに私のメールも読まれました。
確か、「梅雨もうっとうしいですが、うちの主人は花粉の方がうっとうしい
らしく、雨の方がずっとラクと言ってます。いがりさんもやはり花粉症の
ほうがイヤですか?」という内容だったと思います。
で、いがりさんの回答は「花粉症の方がイヤ」でした!
いがりさん、お答え頂いてありがとうございました(笑)

そんないがりさん、寒暖の差が激しかったせいで風邪をひかれたそうです。
って言っても先週の話なので、もう治ってるかな?
今週のラジオ聴けた方いらしたら情報よろしくお願いしま~す。

以上、KYOでした。

---
ラジオ3のサイトはこちら(「message」からメールが送れます)
うまく送れない方は、762@radio3.jp へ直接どうぞ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「風に吹かれて2005」というイベント

うちに遊びに来てくださってる方が大いに興味を示すであろう
このイベント、豪華出演者は下記のとおり!

コブクロ / Skoop On Somebody /佐藤竹善 / 馬場俊英 / ほか

この、「ほか」ってところに「PHONES」が入ったら尚いいんだけど。
どうですか、事務所のスタッフさん。売り込んでみては?

<詳細>
風に吹かれて2005」 2005/10/01(土) 15:30
会 場:  万博公園もみじ川芝生広場
金 額:  ブロック指定エリア \6,300 / ピクニックエリア \5,250
発売日: 2005年7月30日(土)

あ、もし万が一出れた場合なんですけど、イベントが終了するまで
は帰らないでね・・・。関西方面だとやりがちなんで(苦笑)

以上、KYOのつぶやきでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「Trace Of Grief」 by WRONG SCALE

ELLEGARDEN が好きな人、KOHLが好きな人、RIDDLEが好きな人に
チェックしていただきたい一曲、です♪♪

軽快かつ爽快なメロディが、沁みます。J-ROCK なんだけど、
Loud系なんだけど、すごくスッキリと耳を抜けてゆく、風の
ような曲、とでも申しましょうか。

「Triangle to Square」というアルバムの2曲目。このアルバムは、
買いです。本当に、買いです。まじめに、買いです。イケます。
今なら、大手のCDショップでインディーズコーナーが充実している
ところなら、軒並みパワープッシュされている、のではないでしょ
うか。

ちなみに、この曲、Daiki Sound のホームページから試聴できまっす♪♪

では!

by KJ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

神奈川県在住のスムルースファンに朗報です

ひさびさにtvkのHPに行ったらスムルースの出演情報発見!

7月25日(月) オンガクのDNA 19:30-
スムルース スタジオ・ライブ (予定)

この番組、トークも満載、スタジオライブも2曲やる可能性大。
シングルは21日に発売ですから、必ず「LIFE イズ 人生」やりますよね。
楽しみにして待ちましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PHONES ファン内の温度差について

いやぁ、このタイトルで、何か書くのは、非常に難しいです。
少なくとも、仮に温度差があるとして(あると思いますが)、
その問題を解決するための仲裁者のような役割を、ウチのサイト
が果たすことは、少なくともあり得ない、と思うからであります。

でも、PHONESがメジャーデビューから丸2年、という、ある意味
非常に微妙な節目の時期に差し掛かろうとするこのタイミングで、
一度ちゃんと議論(?)しておいた方がいいと思うので、敢えて
書きます。

PHONESファンが真っ二つに割れているような状況って、今後も
ずっと続けていっていいのでしょうか?と、その点を、ウチの
サイトの基本スタンスに共感してくださる方と、そうでない方
の、両方に考えていただくキッカケになれば、幸いでございます。


私が「PHONESファンが真っ二つに割れているような状況」をどう
とらえているか、というと、ざっくり申しますと、以下のとおり
です。

(A) PHONESとPHONESの楽曲、事務所スタッフなどを全てひっくる
  めて無条件に愛し、支え続けようと考える方々
(B) PHONES のブレイクを願い、そのためには今の事務所のやり
  方はあまりにヌルすぎる、と考える方々

ウチのサイトが本件の仲裁者になれないのは、サイトのスタンス
が明らかに (B) だから、です。言いたいことをズバズバ言って
いる、という意味では、(B)の筆頭、とも見られていると思います。

で、上記の (A) と (B) のスタンスには、実は相容れないポイント
があります。(B)のスタンスからは、事務所のどこがどう悪い、ど
こをどう直せばもっと良くなるのに、などといった意見がいろいろ
出てきます。これを、(A)のスタンスの方々は、心情的にすんなり
と受け容れられない。ま、簡単にいえば、スタッフのこと(仕事の
やり方も含め)をあ~だこ~だ文句をつけるのは、PHONES を応援
する立場として、どうなの?あまりに優しくなさ過ぎるのでは?と、
そういうコトだと思います。

ま、裏には、優しい応援がベストの応援なのか、なんていう哲学
的なネタも潜んでいたりするのですが、その話はさておき。


はい、ここまでは現状分析です。PHONESファンは、(A)と(B)の
二つのスタンスに、キレイに割れてしまっています(もちろん、
ニュートラルな方々も多少はいらっしゃいますが)。

たぶん、ウチのサイトにも、(A)の考え方をしている人、あるいは
親しい友人が(A)だ、という人などは結構いて、その方々は記事を
読んではくれているとしても、コメントなどをくれて積極的に
参加、というのは、友人関係等を考慮するとためらわざるを得ない、
なんていうのも、きっと事実としてあると思います。このこと自体
は、もともとウチのサイトが「言いたい放題、時に辛口」である
以上、最初から覚悟しているコトであり、そんなに気にしている
コトではありません。


で、何を論点として捉えたいか、といいますと、
・PHONES ファンを (A)一色、あるいは(B)一色に染め上げること
 は、可能なのでしょうか?
ということと、
・仮に(A)と(B)がそれぞれ存在し続けるとして、真っ二つに割れた
 ように見える現状は、このままで良いのでしょうか?
の、2点です。

1つ目の論点は、私の中では「不可能」という答えです。人の思い
は、それこそ人それぞれであり、いろいろな考え方、いろいろな
応援のしかたがあり、誰かのスタンスを別の誰かに強制すること
などできやしない、と考えます。

2つ目の論点は、ウチのサイトが(B)だ、というのを百も承知で
申し上げますが、(A)と(B)が水と油、みたいな状況が今後も続く
と、PHONES自身の成長にとって、百害あって一利なし、だと思い
ます。ファン同士がそっぽを向いているようなアーティストが、
すくすくと(?)発展できるでしょうか。もっと言えば、PHONES
は、これからは東芝EMIの支援をあまり当てにできなくなるかも
知れません。デビュー1~2年目の、結果が出なくても先行投資
してもらえる時期は、もう終わりです。そのときにPHONESを支え
られるのは、それこそPHONESファンしかいません。真っ二つに
割れた状態で、ガッツリ支えられるでしょうか。

考え方の違いは、きっとこれからも存在し続けるでしょう。でも
それを乗り越えてPHONESを支えるためにお互いにどう振舞うのが
ベストなのか。私も含め、ぜひ皆さんに考えていただきたい、と
思うわけです。たぶん人によって答えが違うところかもしれませ
んが、少なくとも(A)が(B)を非難する、とか、(B)が(A)を非難
する、なんていうのは、何ら良い結果を生み出さないと思います。

違いを認めつつ、共通の点(PHONESを応援したい、という気持ち)
を活かすような答えは、ある意味妥協かもしれませんが、ここで
頑張って見つけ出しておかないといけないのでは、と思う次第で
あります。

では!

by KJ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

HOME MADE 家族 @duo MUSIC EXCHANGE(渋谷)

HOME MADE 家族のイベント「WELCOME PARTY 2005 SUMMER」に
行ってきました。
(アルバム「Rock The World」購入者無料招待イベント)

彼ら、お客を盛り上げるのが非常にうまい!どの曲もノリやすく、
最初から最後まで手をがんがん振りまくって全身で彼らの音楽を
楽しんできました。

「いつの日か 立ってみせます 武道館!」

アンコール後のミクロ君のことばです。お客さんも一緒に叫んで
イベントが終了となりました。「武道館でライブするときは
絶対来てくれ、今日のみんなの顔、覚えたから!みんなも一緒に
叫んでくれ!」

なんて言われちゃったら、こりゃもう応援しようじゃないの!って
気になります。

結成した当初は、スーパーでの営業も経験してるそうですし、
ライブハウスでもメンバーの方が人数多いじゃん、という状況で
パフォーマンスしたこともあるそうです。
それが、ここまで来れたのは、みんなのおかげ!
そして協力してくれる周りのスタッフのおかげです、ありがとう!
と2階席のスタッフにも拍手!なんて泣かせる演出もあり、スタッフ
の士気を高めたこと間違いなしです。
来年あたりに武道館の夢、達成するかもしれませんね。

で、思いました。周り(スタッフ&お客さん)をその気にさせること
って、実はとても大切なことなのかも。

やるな、HOME MADE 家族!

以上、KYOでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クドカンのショートムービー x 風味堂のイイ女

もうご覧になりましたか、「のんたのしっぽ」。
現在ネスカフェのサイトで無料配信中です。
風味堂の「イイ女」がものすごーくいい感じで流れます。
もうこのドラマの為にかかれたとしか思えないマッチぶり。

第2話はつじあやのの曲が使われるそうですが、
これまた期待できそうですね。あのあとストーリーはどう
展開するのか!15日の配信スタートが楽しみです!

ネスカフェ シェイク ショートムービー「のんたのしっぽ
(脚本:宮藤官九郎×音楽:風味堂)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

KJ@シュレネコの2005年7月オススメsong 第3弾発表♪♪

さてさて、7月のオススメ第3弾、発表でっす♪

・Skoop On Somebody+SOUL'd OUT 「Dot To Tha Dot」
・古明地洋哉 「空砲」
・セカイイチ 「雨のぼり」
・フジモトタカコ 「永遠の空」
・ELLEGARDEN 「モンスター」
・サラブレンド 「ピストル」


かつて一度はメジャー落ちを経験したという Skoop が、逆境を
乗り越えてここまで大きくなるなんて、昔から応援していた
ファンの方々からするときっと感涙モノですなっっ♪♪
彼らにとっては、メジャー落ちというイベントもまた、
大きな「一歩前進」だったに違いありません。
いやぁ、いい曲です。 「Dot To Tha Dot」

では!

by KJ

| | コメント (3) | トラックバック (2)

映画「笑の大学」

三谷幸喜という脚本家が好きです。
今日、彼が脚本を手掛けた「笑の大学」をDVDで観ました。

彼独特のクスっと笑えるシーンが満載で、くだらなーい、と思い
つつでもこういうの好きなんだよね、なんて思いながら観ていました。
役所広司というのは、本当にうまい役者さんですね。

でも、稲垣吾郎も悪くないです。しかも、話が進めば進むほど、
稲垣吾郎が三谷幸喜に見えてくる。
TVに出てしゃべってる三谷さんて、口元だけが動いていて、
表情筋を使わないタイプですよね。でも目をきらきらさせていて。
そんなところが似ているような気がしました。

よくよく思い返すと、この映画は2人しかセリフをしゃべってい
ないのですね。もちろんもともとが2人芝居ですから、当たり前なの
かもしれませんが、映画化にあたって、他にもセリフのある登場人物
を持ってきてもよかったのに、あえてそこはチャレンジしている。
うーん。こんなにうまく映像化されるとは。心地よい仕上がりでした。

しかも最後の15分、まんまと泣かされてしまいました。
ひとりで観てるのをいいことに、ワンワン泣いてしまいました。
あんなエンディングになってると思わなくて。
いい映画です。おすすめです。

以上、KYOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海音(KANNON)ライブ ~ スムルース編 ~

昨日のライブの余韻にまだ浸っております。
あんなに近くでスムルースの熱いライブがみれるとは!!
興奮しました!楽しかった!

まずは、「無念無想」をBGMにメンバーが登場。
「梅雨も明けないうちに海に来てしまったあなたたちはフライング・
サマ~!!」と、のっけから徳田ワールド全開です。
思わずこちらまでテンション上がります!

振り向くと会場にはケンボーの姿も。個人的にかなりドキドキ
しながらのライブスタートとなりました。

さて、セットリストは以下のとおり。(後半の順番、自信ありません)

1. スライドブルー
2. ?
3. 6月の天気予報
4. 恋の海
5. 沈黙の花言葉
6. 帰り道ジェット
7. LIFE イズ 人生
8. スーパーカラフル
9. 非常にイェイね

シングル曲の連発でしたね。7月21日発売の新曲「LIFE イズ 人生」も
試聴したときの印象とは異なり、ノリノリの曲でした。非常に楽しい1曲。
もっと観客が沢山いたら私も一緒に腕を振ってたかも。昨日はちょっと
人が少なめだったので恥ずかしくておとなしく聴いてしまいました。

感心したのはメンバーのテンションの高さ。あんあ小さなライブハウスでも、
ZEPP TOKYOの1,000人クラスのライブとテンションが全く変わらない。さすがです。
徳田くんは体中から汗を噴き出させて、まさに全身全霊で魂をぶつけてきます。
さすがにスピーカーの上に乗ってしまったときはライブハウスのスタッフが
注意しに近寄っていてハラハラしてしまいましたが、ロックはああじゃなきゃね!
なんて思いながら見ていました。

最後は「非常にイェイね」をバックにお決まりの習字パフォーマンス。
「ズシカイガン」と書いて「逗子海岸へようこそーーー!」と叫び、
がしがしと線を足して、ボードを上下にひっくり返すとそこには「夏雨夏」の
文字が。前回のB-JAMの「ビージャム」→「自分探し」ほどは感動しませんで
したけど(笑)、どんな会場でも手を抜かない姿勢にまたまた感動。

PHONESのライブももちろん楽しいですが、こうやってまた違うジャンルの
ライブを見るとまた違った面白さがあって、「ライブって楽しい!」と
思わずにいられませんでした。疲れ気味の体にムチ打ってでも参加して
良かった。逆に疲れがふっとびました。

###
スムルースのライブを最後までみていたケンボー。何を感じましたか?
何か盗めましたか?今後のPHONESに活かせそうなヒントはありましたか?
次のライブで、またひとつ成長した竹本健一を見せてください。
期待してます。

以上、KYOでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

海音(KANNON)ライブ ~ PHONES編 ~

海音(KANNON)は、なんと、思いっきり逗子海岸の浜辺に立ってる
小さな簡易ライブハウスでした。木で出来てて、床が砂。要するに
「海の家」です。波打ち際から数メートルのところに立ってまして、
私が到着した4時半ごろは、いろんなアーティストがファンの子たちと
浜辺で楽しそうにおしゃべりしてて、「う、身近すぎる!」と思ったぐらい
アットホームな空間でした。なんだか、学生時代にサークルで海に遊び
に行ったときのことを思い出してしまいました~。

ちょっと意外だったのが、会場の雰囲気。勝手にガラス張りだと思い
込んでいたのですが、入ってみると、そこは木造の黒い壁に囲まれた空間。
ステージからは窓の外に海が見えるようでしたが、お客さんからは
窓の位置が高すぎて空しか見えないのでした。壁越しにはざぶーん、という
波の音が聴こえるので、そういう意味では心地よい空間でしたが、想像とは
ちょっと違っていました。

では、早速セットリストから。

1. Givin' you my love
2. ? (新曲?もしくはインディーズ時代の曲?)
3. Feel so lonely
4. Ice cream
5. 夜風
6. Family

2番目の曲のイントロがかかった途端、ファンの間からざわめきと
ため息がもれました。昔どこかでやったことのある曲なのでしょうか。
サビ部分が「ハッピー、レボリューション!」の繰り返しになっている、
元気な曲です。啓介さんもコーラスで歌ってたので、ちょっと新鮮。
前振りとしてケンボーが「ポジティブな曲」とか言ってたと思います。
ノリがよくて、相変わらず格好よくて、しかもサビが覚えやすい。
私はこの曲、とても好きでした。

今回は2番手だったこともあり、PHONESを知らない人が多いと踏んだ
のか、2曲目の後のMCでメンバー紹介してました。
ちゃんとは覚えてないので、雰囲気だけお裾分け。

「今日は海、しかも七夕ということで、水着の女の子とかいるんじゃないか
と楽しみにしてました」というような内容。

その水着を期待してたのが、ボーカル、竹本健一!

浴衣の子はおらんの?と言ったのが、on bass、安藤啓介!

素足は? と素足フェチが発覚したのが on drums、滝川岳!

みたいな感じでした。
コンパクトにまとまってて、しかも啓介さんが珍しくちょっとしゃべっ
たりして、なかなか楽しいMCでした。

さて、後半に入りまして、Ice creamの演奏中、なんと突然の雷と夕立。
建物が建物なだけに、壁際の方は雨漏りなどもしてましたが、
ザーっという雨の音のせいで、より一層閉じた空間が演出されていたよう
に思います。実は雨が嫌いじゃないので、楽しんでました、あの時間。
雨と波の音をバックに聴くIce creamはなかなか良かったです。

自然が近くにあって解放感があるせいか、ケンボーものびのびと歌ってた
気がします。ファンの数も実はほかのバンドより多かったですし、
まだまだ上を目指せそうですね、PHONESは。

彼らに対しては色々思うことはありますが、とりあえず行ってよかった、
というのが今日の感想です。

以上、KYOでした!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

PHONESライブ最新情報♪

本日の海音-KANNON(逗子)でのライブ行ってきました。
感想は後ほど、ということで、とりあえずはライブ最新情報をどうぞ!

8月6日(土) ラチッタデッラ 噴水広場ライブ
1st 13:30-
2st 15:00-

(情報源:本日配られたフライヤー)

以上、KYOでした

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スムルース、2ndアルバム発売が決定!

9月14日にセカンド・アルバムが発売になるそうです!
シングルが3曲入るらしい。ってことは、
「冬色ガール」「沈黙の花言葉」「LIFE イズ 人生」の3曲ですね。

情報源はe+ shoppingです。
まだオフィシャルHPには載ってませんね。。。
とりあえずは7月21日のシングル発売に力入れてるってことでしょうか。

何はともあれ明日の逗子ライブがますます楽しみになってきました!

以上、KYOでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「THE WINDS OF GOD」の主題歌が風味堂!

風味堂の「ゆらゆら」がお芝居のテーマソングに決定しました。
『THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~』という今井雅之さん
の主催するエル・カンパニーのお芝居で、定期的に公演がある
評判の高いお舞台。今井さんのライフワーク的芝居です。

実はこの舞台に大学のサークルで一緒にお芝居やってた先輩が
出るのです。数年前の公演にも出てましたし、海外公演も行ってたはず。
でも今回出るのは聞いてなかったので、サイトをチェックしにいって
先輩の写真を見つけてびっくり!しかも名前、芸名になってるし!!
聞いてないよ、先輩!

あ、ちなみに一緒にやってたと言っても先輩はディレクター(舞台監督)
で、私は大道具の一員だったんですけどね。一応、結婚式の二次会には
行くぐらいの仲です。って、何が言いたいんだ、私は。

ストーリーは現代の漫才師が交通事故がきっかけでタイムスリップする
という話。行き着いた先は、なんとは太平洋戦争末期の特攻隊基地。
そう、彼らは神風特攻隊員となるのです。。。

テーマはちょっと重たいけど、難しいテーマをわかりやすく見せてくれる
お芝居です。多分、最後に「ゆらゆら」が流れたら号泣だと思います。
先輩は中尉の役。観にいく方、感想をおよせください。
私もチケット取れれば行こうと思います。

『THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~』の詳細はこちら

以上、KYOでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

七夕ネタ♪

今日は、全然音楽に関係ない話です。たまにやってしまうんです。
私がよく遊びにいく某サイト(どこでしょう?)で、こんな記載を
見つけました。

「織姫と彦星は、15光年の距離で、離れて恋愛中(?)らしい。」

ほほぅ。15光年の距離ってことは、お互いが光の速さで移動した
として、ちょうど中間点で会うとしても、家を出てからデート(?)
して帰宅するまで、15年かかってしまいます。

でも、聞くところによると、織姫と彦星は、1年に1回は会って
いるそうな。。。

・・・ってことは、な、なんと、衝撃的な事実が発覚しました。

「織姫と彦星は、それぞれ少なくとも 15人ずつ存在する!!!」

ってことは、さらに考察を深めますと、
「織姫は、彦星と1回会う間に、別の14人の織姫と1回ずつすれ違う!!」

ま、でもお互いに光速で移動中の織姫どうしがすれ違っても、あまり
にも一瞬の出来事のため、気づかないかもしれませんが。むしろ衝突
に注意、みたいな♪♪♪

結論: 「遠距離恋愛は、大変である。」



ガラにもなくロマンチックな話をうだうだとしてしまって、すんません。

では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ3「PHONESコーナー」 6/29

6/29のラジオ3「Groovin’J」情報です。
(すみみさん、情報ありがとうございました)

PHONESコーナーでオンエアされた曲は
「Talk about tonight」でした。

だた、曲の出し間違いがあり、
「Soul Music」が半分位流れたそうですよ!
ちょっと得した気分ですね~。

最後にいがりさんのお話を少々。
(こちらはようこさんから頂きました!)
いがりさん、中学の頃はブラバンでパーカッション
担当だったそうです。やはり音楽にずっと
携わってきてる方なんですね!

以上、KYOでした~。

---
ラジオ3のサイトはこちら(「message」からメールが送れます)
うまく送れない方は、762@radio3.jp へ直接どうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年下半期「ブレイクしそうなアーティスト」発表♪♪

さてさて、半期に一度のこのコーナー(って、2回目ですが)、
2005年下半期の「ブレイクしそうなアーティスト」を、さらりと、
発表させていただきます♪♪

じゃじゃん♪

1位:10-FEET
2位:椿屋四重奏
3位:中ノ森BAND
4位:音速ライン
5位:湘南探偵団
6位:伊沢麻未
7位:名取香り
8位:スムルース
9位:ストレンジヌードカルト
10位:エイジアエンジニア

なお、
・アンダーグラフ
・SHAKALABBITS
は、いろいろな情報から総合判断するに、もうブレイクしちゃって
いるような気がするので(勝手に?)除外させていただきやした。

今回私の中で微妙にベストテンから外れたところとしては、
・サラブレンド
・キャプテンストライダム
・セカイイチ
・信近エリ
・TRIPLANE
です。このあたりをイチオシにされている方、ごめんなさい。


なお、私が上半期に予想したブレイクしそうなアーティストは、
こんなカンジでした。
----------
1位:風味堂
2位:木村カエラ
3位:HOME MADE 家族
4位:ELLEGARDEN
5位:BENNIE K
6位:GOING UNDERGROUND
7位:加藤ミリヤ
8位:THC!!
9位:信近エリ
10位:PHONES
----------
ま、1位~8位はそれなりにいいカンジの知名度を獲得した、
ということで、自己採点で80点、としときましょう♪♪

では!

by KJ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KJ@シュレネコの2005年7月オススメsong 第2弾発表♪♪

さてさて、7月のオススメ第2弾、発表でっす♪

・風味堂 「散歩道」
・Sooners 「Joker」
・Yum!Yum!ORANGE 「Precious Days」
・jenny01 「Selfish walk」
・ケツメイシ 「ドライブ」


ついに Sooners のネット試聴ができるようになりました。
これまで「Lalala」、「誰かにとって」をオススメして参り
ましたが、併せてぜひ一度ご賞味くださいませ♪♪
ハングリー精神の凝縮されたロックンロールは、聴いていて
気持ち良いものであります。


では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KJ@シュレネコの「懐かしの1曲」コーナー♪ -2005年7月-

さてさて、フト気が向いたので、新たなコーナーを立ち上げることに
いたしました。名づけて「懐かしの1曲」コーナー。やればやるほど、
私の年齢がバレバレになる、という、とても楽しいコーナーにして
ゆく予定です。

でで、第1弾は・・・

じゃじゃん♪


BOOWY の 「季節が君だけを変える」


BOOWY です。氷室京介です。布袋寅泰です。
この曲は、前奏だけで BOOWY の世界に引き込んでくれます。BOOWY
シーンの集大成であり、BOOWY らしさの全てが凝縮された名曲。
1つの世界観を極めると、本当に前奏だけで何かを表現し切れてし
まう、ということでしょうか。もうこれ以上 BOOWY らしい曲など
あり得ない、との結論に至ったからか、ほどなく BOOWY は解散し、
氷室と布袋は、それぞれが別の音楽の方向性を目指していくこと
になります。きっと、この頃氷室や布袋の頭の中で次から次へと
生まれてくる楽曲たちの中には、素晴らしいんだけれど、ただ
BOOWY らしくない、というそれだけの理由でボツになってしまった
ものがたくさんあったに違いありません。氷室の目指す POP と
ROCK の融合形と、布袋の指向する「ギター第一主義のロックン
ロール」、その両方のスタイルのエッセンスが、「季節が君だけ
を変える」に織り込まれているのではないか、と思います。

では!

by KJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »