« 本日のPHONESニュース!? | トップページ | 衝撃のレシート!?? »

PHONES(フォーンズ)とは?

ここをしょっちゅう訪れて下さってる方には、何を今さらと思われるかもしれませんが、
どうやら今回のシングル「Flavor of love/告白」で初めてPHONESを知った方が
実は結構いるんじゃないかと思うので、あえて「PHONESの紹介」をしてみようと思います。

----

まず、PHONESとはヴォーカル、ベース、ドラムの3ピースバンドです。
そう、ギターがいません。ジャンルは、というとこれが難しいのですが、
本人たちも説明に困るほど、なんでも出来るバンドです。
SOUL、R&B、Funk、Jazz、Hip Hopなどなど。

とてもイメージしにくいので、音楽に詳しくない私が素人的分類をしますと、
平井堅とかSkoop on somebodyとかと同じジャンルになります。
実際、平井堅の横に並べて陳列してあるCDショップも幾つかありました。

さて、私が考える彼らのオリジナリティ、魅力とは。

ヴォーカル(竹本健一)の歌のうまさはもちろんなのですが、
実は安藤啓介の演奏するベースの良さにある、と思っています。

2月9日に発売されたシングルにも収録されている「告白」を聴いて確信が深まりました。
この楽曲は3月に公開される韓国映画「オオカミの誘惑」の主題歌のカバー曲です。
つまり、オリジナルは韓国の歌手が韓国語で歌っている訳なのですが、
そちらと比較すると、ベースが加わることでPHONESらしさが引き出されているのが
よく分かります。この安藤啓介、ウッドベースも弾けます。jazzyな楽曲もこなす
PHONESの要となる人物。

PHONESのヴォーカルは、竹本健一。非常にあたたかい歌声の持ち主。
PHONESの楽曲はほとんど彼が作詞作曲しています。
彼のファルセットも魅力ですが、体全体からグルーヴ感ほとばしっているので、
それは是非ライブで体感してほしい。

滝川岳の演奏するドラムも是非ナマで見ていただきたい。
彼が体全体をバランスよく使って非常にキレイな動きを見せてくれます。
ロックバンドなどとは違い、まるでメロディーを奏でるようにドラムを演奏するので、
女性の耳にも馴染みやすい。

3月9日にはフルアルバム「SOUL ON THE STREET 」が発売になります。
音楽雑誌にもチラホラ記事が載り始めており、期待大。

ちなみに、以前の作品を買いたいのにCCCDだからねぇ、と諦めている方へ。
「夜風」「8mmフィルムに映る終わることのないドラマ」はCCCDではありません。
前者は3曲入りマキシですし、後者は2曲入りで500円ですので、ぜひ。

----

以上、KYOによるPHONES紹介でした。

うちのメインサイトシュレディンガーの大きな猫にもPHONESコラムあります。
(注意:たまに辛口コラムあり)

|

« 本日のPHONESニュース!? | トップページ | 衝撃のレシート!?? »

- PHONES - フォーンズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

どうもはじめまして~~
トラバありがとうございました!
これからもどうぞ宜しくです!
PHONESの曲~北海道のFMではほぼ毎日何度も
流れています!良い曲ですよね!

投稿: soulmama | 2005.03.08 11:04

soulmamaさん、いらっしゃいませ~♪

まさに今日ですが、PHONESのアルバムをゲットしてまいりました。

これから聴きまっす。

渋谷のCDショップめぐりをしてきたんですが、中島美嘉とレミオロメンのお祭りみたいになってました。HOME MADE 家族も、かなり頑張ってました。唯一PHONES(ミニ)ブースがあったのが TSUTAYA で、そこで購入でございます。

ではでは、ぜひ今後ともよろしゅう♪

投稿: KJ | 2005.03.09 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75813/2992657

この記事へのトラックバック一覧です: PHONES(フォーンズ)とは?:

« 本日のPHONESニュース!? | トップページ | 衝撃のレシート!?? »